曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

あきらめの日本! 1%対99%の超格差社会の現状

2017年08月10日 09時11分53秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

2017-08-07 22:09:30
テーマ:

あきらめの日本! 1%対99%の超格差社会の現状

 

8月2日、トヨタ自動車は残業時間に関わりなく45時間分の
残業代を支払うことを公表しました。

 

残業代保証新制度 45時間超は追加支給

https://mainichi.jp/articles/20170803/k00/00m/020/110000c

 

つまり1時間でも残業すれば45時間分の17万円を支給する
というのです。

 

まあトヨタに勤めている人にとっては朗報でしょうね。

 

しかし前にも書いたように、トヨタがトヨタでいられるのは
下請け企業が命を削っているからなのです。

 

トヨタ地獄

https://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12001798190.html

 

日本は99%が中小零細企業で成り立ってるので逆立ちをして
もトヨタなど大企業の真似など出来ません。

 

まもなく消費税が上がりますが、トヨタなどの輸出大企業は
輸出戻し税により更に潤うので、ネトウヨが言うように、
「早く消費税を上げてほしい」と思ってるはずです。

 

しかしそれで99%の中小零細企業と勤め人が泣きをみるのは
必至です。

 

下の動画は、先月の東京品川駅の朝の様子です。

 

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/QHq_skYkv44" frameborder="0" width="410" height="231"></iframe>

 

お祭りとか何かイベントじゃないですよ。

 

年がら年中、毎日がこうなのです。

 

もちろん、この中にはトヨタの社長や政治家や高級官僚は
入ってないでしょうね。

 

トヨタが社員優遇の公表をした翌日、3日にミスタードーナツ
がドーナツ無料のイベントを行いました。

 

下は無料ドーナツに有り付こうとした人々の行列です。

 

https://www.fastpic.jp/images.php?file=2995691418.jpg

https://www.fastpic.jp/images.php?file=0749607648.jpg

 

【三太郎の日】そこまでして食べたい?全国のミスド超行列画像まとめ 「人多すぎ。300人以上並んでる」
http://matomame.jp/user/ELI_AYASE/f71e22f1be832e26a8b1

 

何か鬼気迫る行列のように見えなくもないですね。

 

確かに120円のドーナツを貰えば得には違いありませんが、
長時間並ぶ労力と釣り合いが取れるのかどうかは考えてない
のは明らかです。

 

たぶん目先の状況に合わせることで何か得した気分に浸ってる
のかも知れません。

 

こうした行列の中にも上位1%の人たちはいません。

 

ほんの数年前まで一億総中流意識が支配していた日本なのに、
今や完全に格差が支配しています。

 

超格差社会の到来です。

 

そして諦めの日本でもあります。

 

同じ3日の人民網日本語版は、

 

「今の日本の若者は『無欲時代』に突入した」

 

という記事を載せていました。

 

日本、若者が「無欲時代」に突入

http://j.people.com.cn/n3/2017/0803/c94473-9250565-2.html

 

「今の日本の若者はテレビや新聞を見ることはほとんどなく、時々、
数百円の文庫本を買っては、それをずっと読んでいる。

 

物質的には非常に豊かであっても、何にも興味を示さない。

 

家の中はできるだけシンプルにし、寝る時に押し入れから布団を
出して敷けるように、普段はできるだけ部屋に物を置きたがらない。

 

そこにテレビはなく、机もない。さらに、30歳を過ぎても、
恋愛して結婚し、子供を産むということにも興味をあまり示さない。」

 

上記は中国人から見た日本人論なので少し極端ですが、当たらずとも遠からずだと思います。

 

ただ、無料で貰えるものには時間と労力を惜しまず並ぶ姿を見て
いると、無欲ともちょっと違うように感じます。

 

なぜなら日本人は目先の欲には敏感に反応するからです。

 

たとえば無料の物を貰う列に割り込む人がいれば、当然怒ったり
喧嘩になったりしますが、目に見えない部分、給料で搾取される
分には怒りを示さないのです。

 

給料から意味不明の税金を天引きされても、引かれた税金を変な
使い方をされても怒りませんよね。

 

仮に怒っても上の人が記者会見すれば、「ああそうか」と納得
してしまいますよね。

 

意味不明の値上げをされても、買い控えという消極的な選択を
する人がほとんどです。

 

上は上、自分たちは自分たち、弱者は弱者という風に、自らが
その階層に甘んじることによって自分を納得させています。

 

いわゆる諦めの境地ですね。

 

ただひたすらに受身でイベントを待ち続けるのです。

 

もちろんこうなってしまったのには、それなりの理由はあります。

 

電通の長年の広告戦略の結果、政府や、企業や、マスコミの、
お膳立てしたものに大衆が乗っかるよう誘導してきたからです。

 

特に最近は選択肢が数多くあるように見せかけ、実際は限られ
た選択しか出来ないように仕組まれています。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  加計疑惑劇場登場人物をつな... | トップ | やりたい放題の安倍夫妻を護... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。