曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

民進 野田幹事長「安倍政権にノー」意思示したというが、民進党にもノーの意思が示されてのことはどうであるのか、

2017年07月04日 10時10分09秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

民進 野田幹事長「安倍政権にノー」意思示したというが、民進党にもノーの意思が示されてのことはどうであるのか、蓮舫代表の責任問題もあるが、幹事長としても責任をどう感じているのか、野田氏は政治家として至って鈍感すぎる点が大きのである。民主党時代の首相としての政策のあり方が間違っていた結果が、現状の民進党が国民の支持が失われている結果の反省が一つもない点である。

民進 野田幹事長「安倍政権にノー」の意思示した

東京都議会議員選挙の結果について、民進党の野田幹事長は記者会見で、「自民党の極めて強権的な国会運営、稲田防衛大臣や自民党議員の発言など、国政での自民党政権のおごりや隠蔽、『権力の私物化』などが大きなテーマとなり、都民が明確に『安倍政権にノー』という意思を示した」と述べました。
続きを読む
そのうえで野田氏は3日夕方にも、民進党や共産党など野党4党の幹事長・書記局長会談を開いて、速やかに臨時国会の召集に応じるよう求めていく考えを示しました。

また、野田氏は憲法改正をめぐって、安倍総理大臣が秋の臨時国会で自民党としての改正案を衆参両院の憲法審査会に提出したいという考えを示したことについて、「シナリオは相当、崩れるのではないか。あらっぽいことを突然やり出すやり方に国民は疑問を持っているが、自民党内でも、そういう意見が顕在化してくるのではないか」と述べました。

一方、野田氏は、今回の選挙結果に対する蓮舫代表の責任について、「『選挙の顔』は、そんなにほかにいるのか。『責任を果たし続けて、結果を次には出す』という覚悟や決意が大事で、そういう覚悟や決意は持っている」と述べました。
 
 
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「こんな人たち」発言にみる... | トップ | ◇◇ 小沢代表 バラエティー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。