曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

民進党代表戦と日本政治刷新の戦術

2016年09月16日 10時01分16秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                  

 

「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2016/09/15

 民進党代表戦と日本政治刷新の戦術

           第1540号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2016091516154735080
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-35686.epub
────────────────────────────────────
9月15日、民進党が代表選を実施して蓮舫氏を新代表に選出した。

開票結果は以下のとおり。

【党員・サポーター票(231ポイント)】

蓮舫氏=167ポイント
前原氏=52ポイント
玉木氏=12ポイント

【地方議員票(206ポイント)】

蓮舫氏=126ポイント
前原氏=50ポイント
玉木氏30ポイント。

【国会議員・国政選挙公認内定者票(412ポイント)】

蓮舫氏=210ポイント
前原氏=128ポイント
玉木氏=74ポイント

【合計(849ポイント)】

蓮舫氏=503ポイント
前原氏=230ポイント
玉木氏=116ポイント

蓮舫氏が【党員・サポーター票】、【地方議員票】、【国会議員・国政選挙公
認内定者票】のすべてのカテゴリーで単独過半数を獲得し、合計ポイントでも
単独過半数425ポイントを大幅に上回る503ポイントを獲得して新代表に
選出された。

今回の選挙は任期満了に伴うもので、新たな任期は2019年9月までにな
る。

現在の衆院任期は2018年12月であるから、この任期中に衆院総選挙が実
施される可能性が極めて高い。



民進党の前身である民主党は2010年6月に菅直人氏が代表に就任した瞬間
から絶望の渕に転落した。

小沢-鳩山ラインが敷いた日本政治刷新の方針を根底から覆したためである。

米国が支配する日本
官僚が支配する日本
大資本が支配する日本

を刷新しようとしたのが小沢-鳩山ラインの新政権だった。

普天間基地の県外・国外移設
天下りの根絶=消費税増税の封印
企業団体献金の全面禁止

の方針が明示された。

この

「日本政治刷新の基本路線」

を明示したがために、鳩山政権は既得権勢力の総攻撃を受けた。

その結果として、8ヵ月半の時間で政権が破壊されてしまったのである。

このとき、権力を強奪したのが菅直人氏だった。

菅直人氏は「日本政治刷新の基本路線」を全面的に覆した。

辺野古米軍基地建設推進
官僚天下り根絶の封印=消費税増税の推進
企業団体献金全面禁止の封印

と基本政策路線を全面的に転覆したのである。

この路線を野田佳彦氏が踏襲し、民主党は自滅したのである。



民主党が崩落し、新たに結成された民進党はこの流れを明確に断ち切っていな
い。

そのために、安倍政権に代わる新政権を担う存在として民進党が認知されてい
ないのである。

主権者の多数は安倍政権に批判的である。

原発推進、戦争推進、TPP推進、辺野古基地建設推進、格差拡大推進

の安倍政権基本路線に反対している。

ところが、選挙において、この政策を明示する議員の数が伸び悩んでいる。

逆に、安倍政権与党および補完勢力が衆参両院で3分の2以上の議席を占有す
る危険な状況が生じている。

重要なことは安倍政権に対峙する勢力が選挙に際して連帯して対応することで
ある。

その重要な手がかりを成立させたのが、7月10日に実施された参院選だっ
た。

議席数では安倍政権与党および補完勢力の参院3分の2議席占有を阻止できな
かったが、1人区における野党共闘によって大きな成果を上げることができ
た。

焦点は次の衆院総選挙である。

野党共闘の骨組みを維持したうえで、

政策を基軸に

反安倍陣営候補の一本化

を実現しなければならない。

蓮舫氏は代表選立候補者のなかでは、野党共闘に対して肯定的な姿勢を示して
いた人物である。

この意味で、日本政治刷新に向けての戦略、戦術を構築する上で、この選挙結
果は最悪のものではないと認定するべきだろう。

だが、大きな問題は残存する。

現在の民進党の基本政策はあいまいであり、今後は衆院選立候補予定者の政策
公約を個別精査する必要がある。

そのうえで、民進党候補者をも排除しないかたちで、政策を基軸に、各選挙区
での候補者一本化を進めてゆかなくてはならない。

共産党候補者をも含めた各選挙区での候補者一本化が実現するかどうかが、次
の総選挙で日本政治刷新の新たな方向を得られるかどうかのカギを握る。

この意味での主権者が主導する政治活動が極めて重要な意味を有することにな
る。



民進党は基本政策課題について、内部での議論を深める必要がある。

原発、憲法、TPP、基地、格差

についての基本路線が明確でなければ、主権者の負託を受けることは不可能
だ。

代表選では、原発について、2030年代の原発ゼロの方針が、3人の候補者
から示されたが、これは、

「現時点での原発稼働容認」

を意味する。

主権者の多数が原発の再稼働に反対している。

原発稼働ゼロでも、日本の電力需要は十分に賄われることが現実によって証明
された。

危険な原発が鹿児島県や愛媛県だ稼働され、さらに全国に広がる様相を示して
いる。

福島の事故が収束もせず、いまだに多数の市民が避難生活を余儀なく強いられ
ているなかで、避難経路も確保しないまま、原発再稼働が強硬に推進されてい
るのだ。

原発再稼働容認の民進党を容認するのか。

主権者はこの点を吟味しなければならない。



安倍政権は憲法解釈を勝手に変更し、その解釈に基づく安保法制=戦争法制を
強行制定した。

米国が創作する戦争に、日本が全面加担する態勢が整えられた。

この現実に対してどう対峙するのか。

政権交代を実現して、現在の安保法制を廃止することを明示することが求めら
れている。

そして、秋の臨時国会での最重要議案であるTPP批准問題。

民進党は「現在のTPP合意案に反対」の姿勢を示しているが、内容が修正さ
れればTPPに賛成するということなのか。

あいまいな点が多すぎる。



辺野古米軍基地建設を推進したのは菅直人政権と野田佳彦政権である。

民進党は辺野古米軍基地建設を容認するのか。

沖縄県民が総意として米軍基地建設反対を示しているなかで、民進党は沖縄県
民の意思を踏みにじる姿勢を明示するのか。

消費税増税にしても、岡田克也氏は消費税増税の反対ではなく、消費税増税の
2017年度実施に反対しただけである。

官僚天下り根絶が完全に封印されているなかで、民進党は消費税増税の路線を
容認するのか。

安倍政権は「働き方の改革」と銘打って、外国人労働力の活用促進の方針を示
しているが、企業が外国人労働力活用を求める最大の理由は、労働コストの削
減にある。

外国人労働力が活用されると、日本人労働者の賃金に強い下方圧力がかかる。

これが格差拡大を推進することは明白だ。

格差拡大を推進する新自由主義経済政策を民進党は容認するのか。



つまり、

「安倍政治を許さない!」

と考える主権者が新しい政権を委ねる受け皿に、現在の民進党はなり得ないの
である。

したがって、主権者は民進党とは一定の距離を保ちつつ、次の衆議院総選挙に
向けて、各選挙区での候補者一本化に向けての取り組みを進めてゆかねばなら
ないのである。

民進党候補者が統一候補になり得るのかどうかは、その候補者の政策公約にか
かる。

原発、憲法、TPP、基地、格差

の各問題について、主権者の意思を正面から受け止める人物を衆院選の統一候
補者にしなければならない。

民進党候補者は排除されないが、自動的に統一候補者には選任されない。

民進党候補者が主権者の意思に沿う公約を明示せず、共産党候補者が主権者の
意思に沿う公約を明示するなら、共産党候補者を主権者が推す統一候補者に押
し立てることになる。

信頼できる野党第一党が存在しないことが、この国の政治刷新を妨げる最大の
原因になっているが、私たちは現実のなかからしか活路を見いだせない。

現実の問題点を認知したうえで、この問題点を克服する手法、戦術を駆使して
進んでゆかねばならない。


 
 
http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〇 フジテレビ『小池都知事追... | トップ | 田中角栄ブームについて 忍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。