曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

籠池氏参考人招致で判明する民進党本気度

2017年03月10日 20時17分36秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                     

             「植草一秀の『知られざる真実』」

                         2017/03/1  0

     籠池氏参考人招致で判明する民進党本気度

           第1686号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017031017162237803
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-38406.epub
────────────────────────────────────
「アベ友事案」第一弾は、トカゲの尻尾切りの様相を強めているが、問題の本質から目をそらさぬようにしなければならない。

問題の本質は鑑定評価額が9億5600万円とされた8770平米の国有地が1億3400万円で払い下げられたことにある。

さらに、森友学園には、2016年4月に、森友学園が負担したとされる、地下3メートルまでの埋設物除去費用として1億3176万円(埋設物対策分が約8632万円、土壌汚染対策分が約4543万円)が支払われている。

つまり、森友学園は国に差引224万円の支払いで、8770平米の国有地を手に入れたことになる。

しかも、1億3400万円の土地代金支払いは頭金と10年間の分割払いで、すでに支払われたのは2778万円だけである。

現時点での現金収支では、森友学園は1億398万円の受け取り超過であり、国から1億398万円と8770平米の土地をもらったことになる。

これ以外にも、森友学園は各種補助金を受領している。

いま問題になっているのは、補助金申請の際に記載された工事代金が水増しされていた疑いである。

詐欺罪の適用を含めた捜査が必要になっている。

森友学園が虚偽の事実を記載して各種申請を行っていたとすれば、学校設置の認可は下りない可能性が高い。

そうなれば森友学園は国有地を更地にした上で、国に買い戻してもらわなばならない。

当該不動産の所有権は移転し、問題の多い小学校は設置されなくなる。

この限りにおいては、妥当な着地であると思われるが、これで幕引きというのは許されない。



大部分のマスメディアはこの問題を当初報道しなかった。朝日新聞が、スクープとして報じて問題が拡大したが、当初は朝日新聞とネット上での情報拡散が中心だった。

ところが、ネット上で問題が拡散し、国会議員が国会で問題を取り上げるようになって、情報封殺が困難になった。

その途上で、ほとんどすべてのメディアが問題を大きく取り上げるようになったが、その情報流布には一定の方向が敷かれていた。

それは、森友学園に問題があるとの方向性だった。

そして、最終的には、森友学園が提示した工事代金が3種類に分かれていることが判明し、森友学園の悪質性、犯罪性がクローズアップされたのである。

これらの事実が確認されれば、小学校設置の認可は下りない。

森友学園は破産の危機に直面することになる。

この方向での着地が目指されてきたように思われる。

森友学園は小学校の建設費用について、

大阪府には7億5600万円

国土交通省には23億8464万円

関西エアポートには15億5520万円

という三つの異なる金額を記載した書類を提出していたと見られる。

国土交通省には、受領する補助金金額が多くなるように大きい金額が提示され、大阪府には、学校財務を健全に見せるため小さな金額が提示されたと推察されている。

これらの行為は、「詐欺罪」に該当する可能性もあり、少なくとも学校認可が下りない正当な理由になり得る可能性が高い。



森友学園の教育内容にも重大な問題があり、他方、森友学園の事務処理にも問題があり、さらに、籠池泰典氏の経歴にも詐称の疑いが浮上している。

メディアは、これらの問題に焦点を集中させて、学校不認可、国有地返還のストーリーを実現させようとしているように見える。

しかし、これでこの問題を終わらせるわけにはいかない。

問題の核心は、9億5600万円の国有地が1億3400万円で払い下げられたことにある。

財政法第9条は

「国の財産は、適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。」

と定めており、国=財務省の対応が、この財政法違反に該当する可能性が高いことが最大の問題なのだ。

この値引き販売について、財務省の佐川宣寿理財局長は、

埋設物撤去費用を適切に算定し、これを控除した価格で売り渡したもので法的瑕疵はない

と言い張るが、この主張が適正であるのかどうかを論じる必要がある。

結論は、「佐川氏の主張は正しくない」というものになると私は判断する。

この点を国会で明らかにする必要がある。

この点が明らかにならないと、仮に森友学園側に、補助金詐取等の問題がないなら、このまま森友学園が国有地を激安価格で手に入れることが正当化されてしまうことになる。

財務省、安倍首相、麻生財務相の責任問題こそ、この問題の本質なのである。

目をそらされてはならない。



「アベ友事案」は森友学園問題だけで終わらない。

超大型の疑惑が浮上している。

すでに国会でも取り上げられ始めているが、政治権力が権力を私物化して、巨大な不正を働いているとの強い疑いが生じているのだ。

ただし、森友学園事案と同じように、

ヨコのものをタテだと言い張り、

それを押し通してしまう行政権力の横暴を

放置するなら、仮に巨悪が存在し、その存在が目に見えても、その巨悪に逃げられてしまうことになる。

その責任は、第一義的には主権者である国民にある。

主権者国民が、

「不正を断じて許さない!」

との態度を鮮明に示し、行動することが、まずは重要である。



しかし、日本国憲法前文が、

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、」

と明記しているように、国政の場で主権者に成り代わって行動するのが代議士の役割である。

国会議員が国会における正当な権利を行使して、不正の有無を明らかにしなければならない。

「アベ友事案」第一弾においては、

籠池泰典氏を国会に招致して質疑を行うことがまず基本である。

そして、問題の本質が、財務省側の対応にあることを踏まえれば、当時の担当者を国会に招致して、事実関係を明らかにすることも、当然求められる。



財務省の佐川宣寿理財局長は、国有財産の処分に関する重要な実績を示す各種会議録、応接録を廃棄したと述べているが、この行為は財務省文書管理規則に違反している疑いが濃厚である。

現実には、会議録も応接録も存在しているはずである。

それを「廃棄した」と言い張るなら、書類に代えて、当時の担当者を国会に招致して、議員が直接、質疑を通じて確かめるべきだ。

安保法制=戦争法制の審議の真っ只中にあった2015年9月4日に、安倍晋三首相は平日に大阪出張し、翌日に安倍昭恵氏が森友学園の塚本幼稚園で講演し、瑞穂の國記念小學院の名誉校長として紹介されている。

その前日の9月3日に、安倍首相は迫田英典理財局長と面会している。

さらに、2016年3月11日に小学校の建設現場からゴミが発見されたと森友学園から近畿財務局に通知があり、3月14日に現場で近畿財務局と大阪航空局の担当者が立ち会い、確認をしたとされる。

その翌日の3月15日に、籠池泰典理事長が、東京の霞が関にある財務省を訪問し、理財局関係者と面談していることが明らかになっている。

佐川宣寿理財局長は、国会答弁で、面談したのは理財局国有財産審理室長だったと述べた。

当時の理財局長が迫田英典氏であり、これらの当事者と責任者を国会に招致して質疑を行うべきである。



航空写真によって当該土地の形状変化を確認することができる。

産業廃棄物でもなく、有害物質でもなく、単に生活ゴミが出てきたというだけで、土地代がタダ同然になるような国有地払い下げが行われるなら、国有地を取得したい国民が列をなすだろう。

国会は、

「適正な手続きで、適正な価格で売却した」

「各種応接録、会議録は廃棄した」

とする佐川宣寿理財局長答弁を容認してはならない。

問題の核心は、財務省の対応にあるのだ。

その責任者は麻生太郎氏であり、最高責任者は安倍晋三氏なのだ。



他方、新たに浮上している第二の「アベ友」事案について、国会は徹底究明を行うべきだ。

安倍自民党としては、何としても籠池泰典氏の参考人招致を回避したいのだろうが、この姿勢が不正の存在を如実に物語っている。

不正がないなら、参考人として招致して、すべてを話してもらえばよいだけのことであって、参考人として招致することを頑なに拒絶するのは、よほどやましいことがあるからと推察せざるを得ない。

安倍政権が推進している

「民営化」

あるいは

「コンセッション」

そのものが、巨大な利権の巣窟なのである。

「民営化」という名の新しい利権

「国有地払い下げ」に伴う古くからある汚職の構造を、徹底的に明らかにしなければならない。



今回の国有地売却においては、売却価格が非公表とされていた。

このこと自体が、疑惑の象徴でもある。

小学校設置の不認可での幕引きを許してはならない。

「激安払い下げ」の真相・深層を明らかにすることが問題の核心であることを確認しておかねばならない。

 


http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)



                  

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由党 「森友学園」小学校 ... | トップ | 3,11から6年省エネ拡大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。