曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

自由党 (天皇退位について皇室典範に附則をつけるのであれば)「正面から生々堂々と改正すればよい」小沢代表

2017年03月15日 20時34分26秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、
イメージ 1


(天皇退位について皇室典範に附則をつけるのであれば)「正面から生々堂々と改正すればよい」小沢代表
 

小沢一郎代表は3月14日、国会内で定例の記者会見を行い、天皇退位、稲田防衛相、東京都議選の展望などについて記者からの質問に答えた。その中で小沢代表は天皇の退位等について、「もし議長案が一時的な特例法という形でするならば、我々としてはそれに賛意を表することはできない」「附則をつけるといっても皇室典範をいじることになるので、それならば正面から正々堂々と皇室典範を改正すればよい」と話した。

記者会見動画はこちらから
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Q.どうして官僚が日本会議の... | トップ | 安倍首相参考人招致拒絶が疑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。