曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

やりたい放題の安倍夫妻を護り、出世した男の末路

2017年08月10日 09時12分49秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

2017-08-09 14:37:11NEW !
テーマ:

やりたい放題の安倍夫妻を護り、出世した男の末路

 

「記録書類は廃棄したので調べようがない」
「記憶にない」

 

を連発して安倍首相夫妻を護った男「佐川宣寿」

 

https://www.fastpic.jp/images.php?file=6245355423.jpg

森友学園問題】財務省の佐川理財局長「すべての記録書類を廃棄」 システムに疑問も

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-384503/

 

その功績により財務省理財局長から国税庁長官に出世したものの、
歴代長官がしていた就任会見を行わないとのことです。

 

佐川長官、異例の就任会見なし 「諸般の事情で」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107283.html

 

歴代がしてきたことを行わないのには理由があります。

 

この理由「諸般の事情による」について共産党の宮本たけし議員
は次のように言っています。

 

 

「諸般の事情による」か…。

記事では佐川氏が「森友学園に対する国有地売却を巡り、
理財局長として何度も国会で答弁して厳しい追及を受けてい」たことをあげている。

しかし、その「厳しい追及」をしてきた者の立場で言わせてもらえば、
決して「厳しい追及」が原因ではない。

その厳しい追及を嘘とごまかしの答弁で逃げ回った挙げ句、
それが虚偽答弁であった動かぬ事実が次々と出てきたからだ。
 

 

宮本議員の言うとおり、佐川は「記録は処分した」「記録にない」
で押し通すつもりが、後から証拠が出て嘘が発覚し、恥かしくて
就任会見なんぞ開けないのです。

 

たとえば佐川は国会答弁で何度も、

 

「大阪航空局に埋設物の撤去・処分費用を依頼いたしまして、
それを見積もって、それを前提にして、私どもは不動産鑑定に
かけてございます。
それを受けましたのが5月の末でございますが、いずれにしても、
そういう価格につきまして、こちらから提示したこともございま
せんし、先方(森友学園側)からいくらで買いたいといった希望
があったこともございません」

 

と言ってたのです。

 

つまり籠池と財務省は価格交渉はしていないと断言していたのです。

 

しかし価格交渉をしていた録音テープが出てきました。

 

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/7o4yh2V1b4g" frameborder="0" width="410" height="231"></iframe>

 

池田靖国有財産統括官と籠池夫妻が価格交渉していた、ということ
は当時の佐川理財局長が嘘をついていたことになります。

 

これで佐川の、

 

「金額交渉はしていない。金額は土地鑑定に基づく適正なもの」

 

と吐いた答弁は覆ったのです。

 

ただし佐川は国税庁長官になってしまいました。

 

これでメディアも佐川を徹底的に叩けなくなります。

 

いつ不本意な税務調査に入られるかわからないからです。

 

森友や加計に神風が吹いたのと同じで、安倍が佐川に神風を吹か
せた理由もそのあたりにあるんでしょうね。

 

まさに姑息な官僚と安倍のwinwinの関係です。

 

それにしても、ここまで腐りきった国税庁長官もいないでしょう。

 

罪悪感と恥ずかしさで就任会見すら開けないんですから。

 

この安倍の「政と官」の関係に福田康夫元首相が苦言を呈するのも
当然です。

 

福田元首相、安倍政権を批判 「国家の破滅近づく」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017080201001843.html

 

もし隣国のように、現政権が国民から弾劾を受けて失脚したら
佐川宣寿も間違いなく逮捕されるでしょうね。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきらめの日本! 1%対9... | トップ | 主要國中日本は下降線1995年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。