曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

国家戦略特区は憲法違反

2017年08月11日 08時49分53秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

国家戦略特区は憲法違反

2017-08-10 09:20:03NEW !
テーマ:
  獣医学部新設をめぐる政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の議事録の隠蔽や改ざん疑惑が噴出しています。
 
 愛媛県側が「非公開に」と求めた事、ヒアリングに加計学園の幹部らが同席していた事等が公表された議事要旨に載せられていなかったり、議事録そのものが公開されていないケースが多数あり、安倍総理の「特区に関わる議論のすべてオープンになっている」という主張が根底から揺らいでいるのです。
 
 官邸での愛媛県側担当者や加計学園との面談記録は残っていない、訪問者の記録は無い等、「無いない尽くし」のオンパレード。訪問者側の記録を求めれば直ぐに分かる事なのに、それすらしないという態度は明らかに国民を舐めています。
 
 「人の噂も75日」、安倍政権は目くらましを繰り返しながら、国民の忘却を待っているのでしょう。

 しかし、この加計学園問題を黙認してしまえば、民主主義そのものを否定してしまう事に繋がります。

 そんな中、国家戦略特区そのものが「憲法違反」の疑義があるという法曹界からの声が上がってきたのです。

 
 安倍政権の憲法軽視は今に始まった事ではありませんが、戦略特区そのものが「憲法違反」だとすると、加計学園のみならず、特区に関わった事業は全て白紙に戻さなければなりません。

ゲンダイの記事を転載しておきます。

 
 
 
 
 
加計学園の獣医学部を認めた国家戦略特区は「憲法違反」
 
2017.08.09

憲法違反!(C)共同通信社

憲法違反!(C)共同通信社

 
 安倍内閣の不正義を許さない――。文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が25日にも結論を下すとみられている加計学園の獣医学部新設問題で、ついに法曹界が怒りの声を上げた。「加計学園問題追及法律家ネットワーク」(共同代表・梓澤和幸、中川重徳両弁護士)が、獣医学部の新設は「裁量権を逸脱・濫用する違憲かつ違法の決定」である疑いがあるとして、7日、国家戦略特区諮問会議で認定に至った経緯を確認するための質問状を安倍首相らに送ったのだ。
 
 質問状では、獣医学部の新設には、2015年6月の閣議決定で設けられた、既存の大学・学部では対応困難な場合や、近年の獣医師需要動向を考慮する――といった「石破4条件」を満たすことが不可欠だったにもかかわらず、議事録を確認する限り、加計学園では「具体的な検討・検証を経て共通認識に至った形跡が窺えず、石破4条件を充足するとされた確たる根拠は不明」と指摘。
 
 特区認定が、憲法65条や内閣法4条の趣旨に反する――としているほか、国家戦略特区基本方針では、〈諮問会議に付議される調査審議事項について直接の利害関係を有する議員は審議や議決に参加させないことができる〉(特区法)とあるのに、加計孝太郎理事長と親しく「利害関係を有する立場」の安倍首相が認定したのは「違法なものというほかない」と断罪している。
 
 さすが法律家のグループだ。加計問題を「水掛け論」とトボケている安倍首相とは違い、法律に照らして的確に問題点を突いている。安倍首相は法律家グループの質問状に対して論拠を示して正々堂々と答えるべきだろう。
 
 指摘通りなら加計学園の獣医学部新設は違法となるわけだが、野党内からは、そもそも国家戦略特区自体が「憲法違反」との声が出始めている。
 
「憲法14条は、すべての国民は法の下の平等にあり、『政治的、経済的又は社会的関係において差別されない』と規定し、憲法95条は、地方公共団体のみに適用される特別法は、当該地方公共団体の住民投票で過半数の同意を得なければ、国会は制定できない――とある。しかし、国家戦略特区は住民の意思など全く関係なく、特定の地域に恩恵をもたらす仕組み。つまり条文の趣旨を明らかに逸脱しています」(司法ジャーナリスト)
 
 設置審が「憲法違反」の獣医学部新設を認可したら、日本は法治国家ではなくなってしまう。“壊憲”しか頭にない安倍首相にとっては、何とも思わないのだろうが、国民にとっては冗談じゃない。何が何でも新設を認めたらダメだ。
 
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すでに自滅党化している自民... | トップ | 選挙で自民党員に投票したら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。