曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

政治権力の奉仕に肩入れているマスコミ無知な国民に付け込み全くいかがわしい世論調査やらにこれまた騙される多くの国民。

2016年09月20日 10時22分33秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、
政治権力の奉仕に肩入れているマスコミ無知な国民に付け込み全くいかがわしい世論調査やらにこれまた騙される多くの国民。

 野党第一党の民進党の代表者選が終わった。人気のある女性候補であった蓮舫氏が当選した。がしかし蓮舫氏については色々と曰く付きがある。に国籍問題、参議院議員であり野党第2党の代表としてふさわしいのであろうあ等である。正にそのような感が否めない点がある。
 そこへ来て今後の民進党の要の幹事長に元首相の野田氏を選任した。このような一連の流れに対して、多くの国民は疑念を抱いたはずである。これでは安部政権に対峙して代わりの政権を担う正に気迫がなにも感じることができず。安部政権の補完的役割の方に大きく傾きやすい気がしてならないのであるが、マスコミの世論調査やらでは、民進党蓮舫氏に期待するが56・9%あるという結果を報じているのであるが、正に不可思議でならないのである。といことは
マスコミは、安部政権に取ってプラスになる、要素の方が多いので政治に対して無知な国民を誘導すべくの世論操作報道であるという感じがしてならないのである。
 
 世論調査では安倍内閣支持率上昇55・7%へという調査結果も報じているのだが、このような結果は日頃安部政権に対して一切批判的報道をしていないことから、そのようなマスコミの世論調査では不思議であもないように感じることもある。それがマスコミの影響力ということにもなるのだが、実際に安部政権がすすめている政治は、暴政に等しいものである。先ずは憲法を踏み潰している。ま
た、ことごとく国民の意思をも踏み潰して政治を行っている。その一つでも批判的報道を、マスコミが国民に報じていれば、高い支持率が出るはずがないのである。それがないので当たり前であるとも言えるのである。そのようなことから、いかがわしいマスコミの報道を信じていれば、騙されてとんでもはっぷんと、いう事になりかねない事に国民は気を付けなければならないであろう。
 

http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍暴走政治止めねば日本が... | トップ | 【必見】憲法フエス「憲法っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。