曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

とうとう出現した小泉進次郎グループ=「マイケル・グリーン友の会」

2017年11月01日 12時41分54秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

とうとう出現した小泉進次郎グループ=「マイケル・グリーン友の会」

 
【 ほんとうに怖いのは「外側から攻撃する勢力」ではなく「内側から鍵を開けてあげる」という意味でのエージェントである。米留学組の国会議員松下政経塾あがりの議員たちは多かれ少なかれそのようにコントロールされていく。
 こんな単純な真実をなぜ誰も書かないのでしょうねえ。】
【今時マイケルグリーンじゃあるまい。 本家のデビッドRFは急速凋落中で米国でのパワーは
落ちる一方。 属国に日本ではまだ蠢いている。 オバマ一派から厳しいクレームが今後続出
するはず。 官僚どももオバマ一派(アンチ戦争屋・CIA派)になびかざろうえなくなる。
悪徳ペンダゴンも米国の大変身についていくはず。 マイケルは即刻、国外追放せよ。
ナイ、アーミテージなどは入国拒否が筋だ、よ!!! 】
【】 とうとう出現した小泉進次郎グループ=「マイケル・グリーン友の会」
  アルルの男・ヒロシです
 前のブログでも書きましたが、12月の衆院選挙後の今の政局では米留学組が今後はひとつの政治勢力になるのではないかという事が容易に予測出来ます。
 それを日本を管理する責任者であるマイケル・グリーンの名前を借りながら、「グリーン・グループ」と名づけました。
超党派の「グリーン・グループ」(みどり会)に注目せよ
 どうやらその「グリーン・グループ」が早くも実際のものになりつつあるようです。アメリカは数世代にわたって日本をコントロールする代理人となるべき人材を作ります。それがアメリカ留学生たちです。
 中国が、日本にとって今のところちっとも怖くないのは、中国留学組の国会議員など本当に数えるほどしかいないからです。外側から攻撃はしてくるかもしれないが、内側から中国への利敵行為をやるような話は殆ど全くない。アメリカに対しては保守派からもTPPなどの問題では批判もでる。
 ほんとうに怖いのは「外側から攻撃する勢力」ではなく「内側から鍵を開けてあげる」という意味でのエージェントである。米留学組の国会議員松下政経塾あがりの議員たちは多かれ少なかれそのようにコントロールされていく。
 こんな単純な真実をなぜ誰も書かないのでしょうねえ。
 ともあれ、小泉進次郎の動きを報じた夕刊フジの記事。
 自民党内で若手エース、小泉進次郎青年局長(31)をめぐる動きが活発化している。通常国会の28日召集を受け、青年局は30日に役員会を開いた うえで、2月1日から毎週、定例役員懇談会を開くというのだ。役員数は衆院議員72人、参院議員10人の計82人で、党所属国議員の5分の1以上にな る。永田町では「事実上、進次郎派の旗揚げでは。
 一致結束すれば、無視できない勢力になる」と見る向きもある。その全容とは-。
 「進次郎氏がやる気満々らしい」
 自民党の一部に先週初め、こんな噂が飛んだ。関係者によると、進次郎氏は先々週あたりから、若手の議員会館事務所に「これから頑張りましょう」などと、あいさつをして回っていた。
 念頭には青年局の人事があったようだ。22日の総務会で青年局役員人事が決定され、新体制が発足した。45歳以下の衆院1-3回生参院1、2回生のうち、政府入りした議員などを除く82人が役員になった。
 同日、青年局事務局から会館事務所に、会議・会合の案内がファクスで届いた。それによると、1月30日正午に党本部で役員会を開き、2月1日以降の毎週金曜日、正午から定例役員懇談会を行うという。
 進次郎氏の脇を固める青年局メンバーの顔ぶれはどうなっているのか。目につくのは、父である小泉純一郎首相と縁のある大物政治家らの子弟だ。
  橋本岳(がく)氏は、1996年と2001年の総裁選小泉元首相と争った橋本龍太郎首相の次男。武部新氏の父は、小泉元首相に「偉大なるイエスマン」として尽くした武部勤幹事長福田達夫氏の父は、同じく官房長官として仕えた福田康夫首相中川俊直氏の父は、やはり政調会長を務めた中川秀直元幹事 長、大野敬太郎氏の父は、大野功統(よしのり)元防衛庁長官…。
 彼らが国会議員になる前の経歴としては、地方首長や財務・農水・国交官僚弁護士医師経営者松下政経塾出身者、五輪メダリストミスコン女王など、まさに多士済々といえる。
 こうした面々を統括する役員懇談会が、定例化されたのが特筆される。
 
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小泉進次郎青年局長が、平気... | トップ |  憲法改悪を阻止し政権も主... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みどりタヌキの次はみどり坊や (shion)
2017-11-02 15:39:42
David Rockefeller公称2017年3月20日死去。

Henry Alfred Kissingerが94歳。
George Herbert Walker Bushが93歳。

現在CIA.CSIS.米軍上層部&OBの3部隊
がアメリカ国内の勢力抗争中の様子。


2016/05/18
Donald John Trump71歳が
Kissinger宅訪問。
このとき既にDavid Rockefellerは逝去
していた⁉︎と当方は見ています。

この05/18に、Trump公約「GHWBushのJFK暗殺」の事実公開が、何らかの条件の下に確約された⁉︎と当方は見ています。

さて
・Bush家は小泉家と「兵器製造の西部通商・麻薬」等共同経営(稲川会が事務担当)

・Kissingerは「コード名ボーア」のロシアとアメリカの多重スパイであり、中国敬愛。


ではどこへ『 the winner』が降るのでしょぅ?


みどり坊やの継母みどりタヌキ (shion)
2017-11-02 16:18:10
______________

ブッシュ強制的人体実験
______________

「市民を誘拐し、
強制的人体実験を行うCIAの研究所
が,
(小池百合子本拠:地盤)地神戸市に? 」を 参照。

近年、
日本国内で無差別通り魔殺人犯が
急増しているが、
この「不特定多数の人間への無差別な
殺意を植え付ける」技術、

つまり
無差別通り魔殺人犯を即席製造する技術は、
既に、電極棒を使用せず、遠距離から
ターゲットに【電磁波を照射】する
軍事技術として完成している_と。


___________が、おそらく

・CIAが凶暴化した【CSIS】と
・防衛大臣の特別機関【幕僚監部」と
・国内の【広域指定暴力団】が複合体
となって開発した軍事技術_と被害体
験者として推測します。

_________________


311を含めて、各地人工地震による災害
は指摘されて久しいところです。
が、
個人の身体へも、ピンポイントで襲撃
可能です。
毎回間違わず【実に正確】に【機械的
なリズム】で「骨か?」とにかく
【ピンポイントの皮下局部】へ
【遠隔操作で投与】して来ます。

▶︎時に【脳天を突き抜ける高電圧】の
激痛でます。
▶︎当方はまる6年間、小泉純一郎ブログ
批判の直後に限られました。
▶︎なぜか?嘗て「マリノスチーム所属」
サッカーFW久保選手へ声援している
最中は、
当方の脳天を高電流は突き抜け通し、
場内で、当方、ほとんどうずくまりま
した。


例えば、その高電の束:beamは、
ツーツツーツツーツーツツーツツーと
いったよぅに、
【機械的であり規則正しく】、
【自然の感触ではありません】でした。

遠隔操作による、非常に高いbeamを
身体局部へ、照射され続けた当方は、
歩行困難とまでなった【被害者】です。

また、運転しない当方が
beamを脳内照射された者によって
連続して何度も交通事故被害者となり
ました。


よって
beamを脳内の各神経細胞へ照射された
者が、殺人鬼にでも
居眠りパイロットにでも、
なる_ことをよく理解します。

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事