曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

新潟知事選が立証したオールジャパン方式破壊力

2016年10月18日 10時02分08秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                  

 

イメージ 1
 

                 「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2016/10/17

新潟知事選が立証したオールジャパン方式破壊力

           第1567号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2016101708300035566
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-36173.epub
────────────────────────────────────
10月16日に実施された新潟県知事選で原発稼働阻止候補である米山隆一氏
が当選した。

この選挙始動時から反原発候補としての米山氏の当選を求める情報発信に力を
注いできた本ブログ、メルマガとして、この選挙結果を心から祝福する。

賢明な判断を示された新潟県の主権者に心からの敬意と感謝の意を表したい。

米山新知事には、主権者の熱い思いをしっかりと受け止めていただき、原発稼
働を確実に阻止していただきたいと強く要請したい。

当初、楽勝と言われていた原発推進候補と見られていた森民夫氏はよもやの落
選となった。

この選挙の最大の注目点は、民進党が米山氏の推薦を拒絶し、米山氏が民進党
を離党して立候補したことである。

民進党最大の支持母体である連合の地方組織である連合新潟は、原発推進候補
と見られる森民夫氏を推薦した。

連合会長の神津里季生氏も原発推進候補と見られる森民夫氏を応援するため現
地入りして応援演説した。

民進党の支持母体である連合は、

電力、電機、鉄鋼、自動車業界の御用組合が支配している。

この4業界の御用組合は、

原発稼働

集団的自衛権行使

TPP

辺野古米軍基地建設

消費税増税

に賛成なのである。



大資本と癒着しているのがこれらの御用組合連合である。

この大企業と癒着する御用組合連合が最大の支持母体である民進党は、実質的
に大資本と癒着する「ゆ党」である。

民進党は民進党地区支部長を務めていた米山隆一氏が知事選立候補に際して民
進党に推薦を要請したが、この要請を拒絶した。

米山氏はやむなく民進党を離党して、共産、自由、社民、市民団体の推薦を受
けて知事選に立候補した。

民進党最大の支持母体である連合の地方組織である連合新潟は原発推進候補と
理解されている自公が推薦する森民夫氏の推薦を決定した。

民進党は連合新潟が森氏支援であることを踏まえて米山氏の推薦を拒絶して知
事選対応を自主投票とした

かたちの上では自主投票だったが、実質的には原発推進候補と見られる森民夫
氏の支援に回ったと理解される機関決定だった。

この対応の最高責任者は蓮舫氏であり、野田佳彦氏である。

蓮舫、野田両氏の民進党執行部は、今回知事選に際して、反原発候補である米
山隆一氏の推薦要請を拒絶して、原発推進候補と見られる森民夫氏を実質支援
する態勢を取った。

この事実を絶対に見落としてはならない。

民進党代表の蓮舫氏は、選挙戦の最終局面で米山氏の応援演説に入った。

米山氏有利の情勢が判明して、この行動が取られた。



一政党の代表として許される行動ではない。

主権者が主権者としての意思を実現する上で、何よりも大事なのが選挙であ
る。

この選挙では、候補者、政党が公約を明示し、この公約を踏まえて主権者が判
断して投票に臨む。

その公約と候補者擁立において、蓮舫・野田民進党は米山氏支持を拒絶して、
実質的に原発推進候補である森民夫氏を支援する態勢を取ったのである。

それにもかかわらず、選挙情勢が逆転すると、支持を拒絶した米山氏の応援に
入り、まるで自分たちが初めから米山氏を支援していたかのような言動を示
す。

このような行動を取ること自体が、彼らの政治能力の欠如、人間としての資質
の欠落を意味していると言わざるを得ない。

今回選挙では

政策を基軸に

党派を超えて

主権者が主導する

行動が取られ、

結果として主権者勢力が安倍自公プラス隠れ与党勢力連合に勝利を収めたので
ある。

これこそ、「オールジャパン平和と共生」が提唱してきた選挙戦術である。

原発再稼働を許さないという政策を基軸に

党派を超えて

主権者が主導した

オール新潟

の体制が今回選挙結果をもたらした。

この図式を次の総選挙で日本全国に広げることができれば、安倍政治を終焉さ
せることが可能になる。

何よりも重要なことは、この主権者連合、野党共闘に、「隠れ与党」の「腐っ
た民進党」は必要ないということだ。

民進党の良質な部分だけがあればよい。

悪質な民進党は主権者が拒絶することが何よりも大事なのである。



今回の新潟県知事選が示した何よりも重要な事実は、

「腐った民進党はいらない」

という事実である。

民進党が腐っている原因は、最大の支持母体である連合腐っていることにあ
る。

腐ったミカンの方程式ではないが、腐った連合が民進党の墓の中に入れば民進
党全体が腐ることになる。

民進党全体を腐らせないためには、腐った連合を取り除くことが先決である。



連合というのは労働組合の連合ということになっているが、実態はまったく違
う。

かつて労働組合の連合組織に総評と同盟という組織があった。

これを束ねたのが連合だが、そもそも同盟が御用組合の連合組織だった。

そして合体された新組織である連合の主導権を、旧同盟系の労働組合が握って
いった。

その中核労組が

電力、電機、鉄鋼、自動車

の労働組合で、共通しているのは、これらのほぼすべてが

御用組合

であるという点だ。

本来、労働組合は労働者の利益を守るための組織である。

しかし、御用組合の存在意義はまったく違う。

資本の利益を守るために、労働者を従わせるための組織が

御用組合

なのである。



いま私たち日本の主権者、生活者、労働者、市民にとって重大な問題が山積し
ている。

原発

憲法

TPP

基地

格差・消費税

の各問題だ。

これらの重要問題について、上記御用組合は

原発推進、集団的自衛権容認、TPP推進、辺野古米軍基地推進、消費税増税
推進

の考えを有していると見られる。

これらは、日本の主権者多数の意思に反するものである。



この連合が最大の支持母体になっているから、民進党議員、立候補予定者の大
多数が、腐ってしまっているのである。

連合に合流しなかった労働組合連合も存在する。

全労連などは連合に合流せず、資本に対する労働者の立場を堅持している。

いま求められていることは、連合の分離である。

御用組合連合と労働組合連合を分離すること。

野党の支持母体を労働組合連合にすることだ。

民進党は御用組合連合を支持母体にしているため、与党に癒着する

「ゆ党」

になってしまっている。

この「ゆ党」が野党第一党の位置にいるから、野党共闘がうまくいかない。

民進党は自民党と一緒になって共産党を攻撃するが、悪いのは共産党ではな
く、民進党内の与党癒着勢力なのだ。

私は民進党の悪党を「悪徳10人衆」と称して、具体名を列記していたが、こ
のことが広く主権者に理解される状況が生まれつつあると判断する。



民進党の「野党化」を阻止して、民進党を「実質与党=ゆ党」にすることを主
導しているのは

CIA

である。

CIAは米国による日本支配を堅持するために、三つの方策を実行している。

三つの方策とは、

1.民進党の実質与党=「ゆ党」化

2.創価学会と共産党の連携阻止

3.実質与党である「第三極」の育成

だ。

これを同時並行で実行することにより、米国による日本支配を維持しようとし
ている。



今回の新潟県知事選でこれを打破する方策が明確になった。

これこそ、「オールジャパン平和と共生」が提唱してきたことである。

民進党を丸ごと支持することはできない。

そこで、

1.政策を基軸にする。

政策で候補者のスクリーニング、選別を行うのである。

そのうえで、

2.党派の壁を取り払う。

共産党ともしっかりと連携する。

共産党との連携なくして政治刷新は不可能である。

さらに、これらを

3.主権者が主導する

次の総選挙においては、

政策を基軸に、安倍政治に対峙する候補者を各選挙区でただ一人に絞り込む。

民進党候補者の場合、基本公約が主権者側と一致すれば統一候補の候補者にな
るが、基本公約が一致しなければ対象外となる。

このときは、共産党の候補者が統一候補になることも出るだろう。

「ゆ党」の民進党候補者が出馬しても、競合するのは自公候補となるから、こ
ちら側はこちら側の候補者を一人に絞り込めばよい。

政策を基軸に、党派を超えて、主権者が主導して

一選挙区一候補者の体制を構築する。

この方式で勝利できることを、今回の新潟知事選が示している。




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無間地獄行きのTPPバスに... | トップ | 民進党を分離しての野党共闘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。