曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

「税金は金持ちから取れ」 1988年の税制に戻せば、税金は現在の倍になる!!

2014年08月18日 09時47分17秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                            

これからブログで書くことは「税金は金持ちから取れ」の著書引用掲載である。

政府、財務省、やマスメディは絶対に報じていないことである。
 
 「冒頭の本章では、1980年代以降、金持ちや大企業には大幅な減税がつぎつぎと
実施きた事実を紹介する。マスメディアはこの点について報じることはないので、
 国民の多くは気づいていないだろう。減税の額は信じられないほど巨額である。
 これによりそうした一部の人たちは、あり余るほどのカネを持っているのだ。
だからこそ、金持ちや大企業には、まともに税金を払ってもらわなければならない。
 
     ■ 1988年の税収は、 現在より13兆円多かった
筆の者言う「金持や大企業がまともに税金を払う」とはどういうことか、具体的に
説明したい。これは、「1980年代に払っていた程度の税金を払う」ということである。
 もし、いまの経済状態で80年代の税制に戻せば、巨額の税収が得られるのだ。
  下記に1988年と2010年の国税収入の比較を示す。
 
                                      1988年                            2010年
 
 法人税                           18,4兆円                           6、0兆円 
 
 所得税                           18,0兆円                           12,7兆円 
 
 消費税                                 0円                             9,6兆円 
 
 その他                            12,6兆円                           7,8兆円
 
 合  計                              50,8兆円                         37,4兆円
 
1988年時点では、いまより13兆円も税収が多かった。88年とはバブル経済崩壊
直前の時期であり、消費税導入の前年にあたる。88年には消費税がまだないの
に、現在より はるかに税収が多かった。   
 現在と88年を比べれば、GDP(国民総生産)は、25%も上昇している。だから本来
なら、税収も88年より25%増えなければいけないのに、実際は25%以上も税収が
減っている。なぜか、というと、税制が大きく変えられたからだ。では、どこが変わ
ったか。(詳しい説明はここでは省略するが。)ポンとは4点ある。
 
 ・大企業の税率が大幅に引き下げられた
 
 ・高額所得者の税率が大幅に引き下げられた   
 
 ・資産家の相続税の税率が大幅に引き下げられた
 
 ・消費税が導入された   
 
 要するに88年以降は、国の税制は大企業、金持ちを優遇し、庶民の税負担を
増やしてきた、といえる。消費税は国民に広く負担を求める税金であり、金持
ちより庶民のほうが収入に対する消費の比重が大きいため、税負担率は庶民
のほうが高くなる。つまり、所得税の最高税率を下げ、法人税率を下げ、相続
税率を下げ、消費税を導入してきたことは、「金持ちの負担減、庶民の負担増」
を意味する。だから、我われが今後の税制をどうしなければないかは明確だろう。
 88年よりも現在のほうが経済キャバシテイ(GDP)は25%も大きくなっているのだ
から、88年当時の税制に戻せば、概算でも60兆円以上の税収が見込める。
 これにいまの消費税を合わせれば、現在のほぼ倍の70兆円の税収となる。
これだけの税収があれば、東日本大震災の復興費も十分出せるし、財政再建
だって果たせる。 以上はP20からP23までの引用掲載である。一部省略している。
 
 以下主要な点を、引用掲載してゆきたいを思っている。
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍を倒せ!改憲・原発・戦... | トップ | 〔脱原発世界ニュース2014年V... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。