曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

弱肉強食から共生への転換に消費税減税必須

2017年05月18日 08時58分26秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                  

 

                    「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2017/05/16


     弱肉強食から共生への転換に消費税減税必須

           第1743号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017051622000038913
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-39513.epub
────────────────────────────────────
5月17日(水)午後6時より、衆議院第一議員会館多目的ホールに於いて

「共謀罪・安倍暴政を許さない?主権者が日本を取り戻す!」
 オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会

を開催する。

https://goo.gl/Pxf5YB

学習会案内PDFはこちら

https://goo.gl/dvyviR

緊急学習会の概要は以下のとおり。

共謀罪・安倍暴政を許さない? 主権者が日本を取り戻す!

オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会

日時 2017年5月17日(水) 午後5時30分開場 午後6時開会

場所 衆議院第1議員会館多目的ホール

住所:〒1008981 東京都千代田区永田町2丁目2-1
◎東京メトロ丸ノ内線・千代田線 国会議事堂前駅
◎東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅

参加費 無料

※入場者が定員に達した場合は入場いただけませんので予めご了承ください。

プ ロ グ ラ ム

基調報告  植草一秀(オールジャパン平和と共生運営委員)

種子法廃止 山田正彦(元農林水産大臣・オールジャパン平和と共生運営委
員)

共謀罪   佐久間敬子(弁護士・オールジャパン平和と共生運営委員)

自 由 討 議

二見伸明氏(元運輸大臣)

平野貞夫氏(元参議院議員)

藤田高景(村山談話を継承し発展させる会理事長)

も出席される。



会場を20時には完全退出しなければならないので、時間的な制約が大きく、
自由討議に充てられる時間が限られることになることが予想されるが、実りあ
る学習会にしたいと思う。

国会は明日5月17日にも衆議院法務委員会で共謀罪創設が強行採決される惧
れがある。

5月18日には衆院本会議に法案が上程され採決される可能性もある。

維新の会は取り調べの可視化に関する法案修正を提示し、自公維が合意したと
伝えられているが、

「可視化を検討する」

ことが付け加えられただけで、茶番もいいところだ。

野党の側の抵抗は、野党第一党の民進党が前面に出て、文字通り、体を張った
抵抗をしない限り、法律制定阻止などできない。

「プロレス」という言葉が使われているが、野党第一党の幹事長が

「プロレスファン」

ということからか、民進党の対応は出来レースにしか見えない。



日本を立て直すには、一度、頭を冷やす必要があるだろう。

2016年7月の参院選で野党は32の1人区で候補者を1人に絞り、11の
選挙区で野党候補が勝利した。

「野党共闘」が一定の成果を上げたことは事実だが、政権交代のたしかなス
テップになったとは言い難い。

参院選前哨戦となった2016年4月の北海道補選では、野党統一候補が惜敗
したが、このとき、安倍首相は

「「(旧民主党時代も含め)民進党と共産党がこんなにずぶずぶの関係となっ
た選挙は初めてだ。民進党はどうかしている」

安倍首相は選挙中、こうあきれてもいた。」

と産経新聞が伝えている。

http://www.sankei.com/politics/news/160425/plt1604250011-n1.html

5月8日の衆院予算委員会で民進党の福島伸享議員が、安倍昭恵氏が森友学園
の小学校名誉校長に就任していたことについて、

「名誉校長について「単なる名誉職というより、言ってみれば(学園側と)
『ずぶずぶ』の関係だ」

と指摘したことについて、安倍首相は

「『ずぶずぶの関係』とか、そんな品の悪い言葉を使うのはやめた方がいい。
それが、民進党の支持率に出ている。」

と色をなした。

産経新聞報道が事実なら、まったくおかしな話である。

日本政治を刷新するには、衆議院総選挙で「安倍政治を許さない!」とする勢
力が過半数議席を獲得する必要がある。

ところが、いまの「野党共闘」では、そのような気運が盛り上がらない。

方法論の抜本的な見直しが必要である。

日本政治刷新に向けてのスタートを切らねばならない。



何が問題であるのかは明白だ。

それは、民進党の政策が不明確であることだ。

民進党の政策が不明確だから、野党共闘の政策公約が不明確にならざるを得な
い。

しかし、政策公約が不明確であれば、主権者の熱烈な支持派生まれない。

主権者は「政党の数合わせ」には何の興味もない。

主権者にとって大事なのは

「政策」

なのだ。



原発をどうするのか。

このままずるずると、再稼働の道を進むのか。

それとも、フクシマの教訓を踏まえて、原発ゼロ、原発廃炉の決断をするの
か。

憲法解釈を変えて、日本を「戦争をする国」に変えてしまうのか。

それとも、「戦争法」を廃止して、日本が「戦争をしない国」にとどまるの
か。

グローバリズムを推進して、格差拡大の道を今後もひた走るのか。

それとも、グローバリズムを後退させて、格差縮小の方向に舵を切り直すの
か。

こうした、重大政策についての明確な方針=公約こそ、主権者の最大の関心事
である。



民進党のなかには、

「共産党との共闘が許せない」

と主張する者がいるという。

そのような者は、直ちに自公維の側に転籍すれば良いのだ。

共産党は

原発廃止

戦争法廃止

格差是正

の方針を明示している。

自由党と社民党も完全に足並みを揃えている。

足並みを乱して、主権者の支持を失わせることだけに貢献しているのが民進党
の一部議員なのだ。

そして、その一部議員が執行部に多い。



主権者の強い支持を得るには、

政策公約の明確化

が必要不可欠だ。

その政策の旗の下に集結する。

どの政党だろうが、基本政策で一致できればいいのだ。

オールジャパンの政策連合

を形成する。



政策公約で一致できない民進党候補を主権者は応援できない。

政策公約で一致できる民進党候補は当然のことながら応援できる。

民進党の一部議員は、かつての社会党議員化しているのではないか。

かつての「国対政治」と言われた

自民党の一党支配

社会党の万年野党一党状態

こそ

「プロレス政治」

の元祖である。

「プロレスの負け役」

の地位が安泰であることが何よりも重視されたのだ。



こんな状態では、日本政治が腐る。

腐ったまま、日本は戦前に引き戻される。

そのとき、不幸のどん底に突き落とされるのは、

主権者国民

である。



主権者国民の強い支持を得るには

明るさと温かさ

が必要だ。

原発廃止

戦争法廃止

は重要で重要政策公約とするべきだが、

それだけでは足りない。

未来に夢と希望を持つことができるビジョンが必要だ。



これを担うのが経済政策提言だ。

明るい未来を切り拓く経済政策提言。

これを

ブライトノミクス

と名付ける。

消費税を減税し、富裕税を課す。

社会保障を拡充して、教育を無償化する。

財政支出の内容を組み替えると、これが実現する。

「これをできない」

とする声は、既得権益を守るための虚偽の主張でしかない。

消費税を減税し、社会保障拡充と教育無償化を実現する具体的政策パッケージ
を提示しなければならない。

 


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)


 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亡国のアッキード(内閣・官... | トップ | (「日本の危機と共謀罪」)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。