曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

すでに自滅党化している自民党国会議員の約、50%が世襲議員率化していることに如実に現れて言わざるを得ないのでのである。

2017年08月04日 09時16分26秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

 

すでに自滅党化している自民党国会議員の約、50%が世襲議員率化していることに如実に現れて言わざるを得ないのでのである。

 二世率は70%、世襲とは財産、職業、名称などを受け継ぐことであり、自らが職業としての政治家になるとういよりも、受動的に政治家になるケースが多いと思われる。日本は慣習として昔からのしがらみに左右される傾向が多い、後援会組織なども強固に張り巡らされていることから、あまり主義主張に関係なく、当選はほぼ確実である。政党としてもなんとなく、政策を国民に真に訴えて国民のための政治を行うはっきりしたものがなく、長年政権を担当してきているという実績的もので、政権を獲得したら、総理大臣に指名されで内閣を組織したならば、ほぼ総理大臣の考えに従っての政策を進めていくようである。本来的な政党のあり方から大きくかけ離れているのである。政党は国民から多くの支持を得られる政策を掲げて、国民の多くの支持を獲得し政権を担う事になり、政党としての支持を得た政策の遂行を、内閣を通して遂行して行くことにあるはずである。政治を機能させていくには、政党のあり方また世襲議員の是否を、根本的見直し等必要に思える昨今である。




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池容疑者「昭恵氏」の名前... | トップ | 第三の森友加計学園で改造内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。