曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

国民が立ち上がる時が来た! 安倍政権の暴走を止めるため、行動を起こしましょう。

2017年05月15日 17時45分25秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

       

国民が立ち上がる時が来た! 安倍政権の暴走を止めるため、行動を起こしましょう。

国会は政権党との補完勢力が多い現状化少数野党だけでは、安倍悪政、暴政を止めることは困難である。主権者国民が立ち上がらなければならない時がきたのである。そのような意味において下記のような市民の行動は有益な一歩となる。有権者市民のこれからの行動力で、国会での真に安倍政権反対の少数野党を背後から押し上げる力として役割をすべきなのである。安倍政権打倒後の政権作りは、マスゴミが盛んに人気を煽りしている。小池新党や大阪維新の党は、既得権益が安倍政権が倒れても、同じような役割を担う為のものでしかなく、国民のための政権作りのためでは無いことを、見抜いておくべきである。小池新党などは小泉元首相反原発を出し国民を目くらましにかかっている。小泉元首相の反原発などもどこまで本当なのかは、疑わしい点も多々あるのである。安倍政治が進めている政策は、国民の為の政策ではなく、己の野望と、戦前回帰、既に憲法を破壊しているように、国粋主義国家への移行、所謂国民主権国家から、国家主権国家への移行なのである。そのようなことは一切NHK初め大手新聞、テレビでは報道されないで、かわりに目眩ましの為の報道で国民は何も真実をわからないままで過ごしているのである。共謀罪などは国家主権を確実にするための処置に過ぎないのである。テロのためなどというのは詭弁に過ぎない。

 当ブログはマスゴミで報道されない真実の情報を投稿しているまじめなブログである。ブログといえば冗談半分の投稿が多いがそうでないことを理解していただきたい。主権者国民国家は国民の力を発揮しなければならないのである。何時迄も政治権力の思う壺にされては情けないではないか。今こそ国民の力を発揮するときは無いのである。
 

安倍政権の暴走を止めるため、行動を起こしましょう。

5月以降の行事・行動予定(確定分)

かわぐち九条の会では、当面以下の行動を予定しています。会員、非会員を問わず参加出来ますので、奮って参加して下さい。なお、メーデー、オール埼玉には地域の行動に九条の会としてまとまって参加します。安倍政権の暴走を止めるために、市民が行動を起こしましょう

5.1 川口地区メーデー

日 時:5月1日(月)
場 所:西公園(川口駅西口駅前リリアパーク)
リリアパーク

5.3 憲法集会

日 時:5月3日(水)
場 所:東京臨海広域防災公園
http://kenpou2017.jp/

5.9 9の日駅頭行動

日 時:5月9日(火) 17:00~18:00
場 所;蕨駅東口

5.17 安行・戸塚九条の会 共謀罪法案 学習会

日 時:5月17日(水)13:30~
場 所:安行東公民館
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/69289999/69289999.html

6.3かわぐち九条の会「スタンデイング集会」

日 時:6月3日(土) 13時~13時20分
場 所:川口駅東口

6.4オール埼玉一万人集会 北浦和公園 9時30分~

日 時:6月4日(日)
場 所:北浦和公園
詳細は下記をクリックして下さい
オール埼玉総行動HP

6.9 9の日駅頭行動

日 時:6月9日(金) 17:00~18:00
場 所;西川口駅東口

10.1 第12回 かわぐち九条の会 「平和と文化の集い」

日 時:10月1日(日) 13時30分~
会 場:キュポラ4階 フレンデイア (川口駅東口を出て右方向徒歩2分)
記念講演:涙、笑い、平和が一番
講 師:海老名香葉子さん
文化行事::太鼓集団 “響“
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪・安倍暴政を許さな... | トップ |  森友学園疑惑またまた続々次... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。