曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

関係していたから「安倍晋三記念小学校」名や昭恵夫人が名誉校長に就任していたことである

2017年03月05日 21時11分39秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、
「森友疑惑」歯切れ悪い安倍首相!積極調査に二の足、
 
 関係していたから「安倍晋三記念小学校」名や昭恵夫人が名誉校長に就任していたことである。関係して無ければありえない話である。安倍晋三氏は政治権力を握っている総理大臣である。その名の安倍晋三記念小学校名、その学校の名誉校長名安倍昭恵夫人の学校からの、土地購入の要請には役所としても何らかの便宜を図らねばならない暗黙のうちに、直接指示されなくてもせざるを得ないようにならざる点が隠しようもない、表に出てこない事実がつきまとうのである。
 そのような点で今問題になっている。一般の評価額よりも、大幅に格安に国有地を取得している点が問題になっているのである。一般よりも格安にするために、ゴミがあったという理由でその撤去費用分を引き下げて譲渡してということであるが、
そのゴミがあった事実もあやしかねる点が出てきてもいる。その点は今や航空写真で分かるようなことも、その筋の専門家の判定なども明らかにもそているようだ。

ところで、安倍晋三首相は森友学園とは関係ないというが、目指している点では一致点があまりにこ多いのである、安倍晋三首相は戦前回帰古の思想である。森友学園の教育は安倍晋三首相の目指している点と正に一致しているのである。森友学園は日本会議の流れを組んでいる学校である。安倍晋三氏首相は強力な支持を得ているのが日本会議でもある。安倍晋三首相の政治は言ってみれば己の野望の赴くままの政治を行使している点である。国民に取っては長く続けられては迷惑千万なのである。
政治姿勢に自制心がない点である。歴代自民党の総裁としてはかってない政治家である。そのような点が今回の森友学園問題にも謙虚に現れてきているのである。
※下記の記事を参考までに掲載しておく。
 
 
鴻池祥肇参院議員(元防災相)が明らかにした面会記録で、「森友学園」籠池泰典理事長側の"お願い"はなんとも露骨だ。「大阪府庁へ近畿財務局が来て、小学校設立認可のお墨付きが必要」「大阪府は土地賃借の決定が必要」「ニワトリとタマゴの話。何とかしてや」「上記の件、●●の上司によろしくと申し入れしたと、籠池理事長に言うてください」(2013.9.13)
   そして「上から政治力で」「早く結論が得られるようにお願いしたい」「土地価格の評価額を低くしてもらいたい」「賃借料をまけてもらえるようお願いしたい」「高すぎる。なんとか働きかけてほしい」などと要求し、事務所側は「どこが教育者やねん」「ウチは不動産屋ではありませんがな」などと言い返していた。

役人たちの「政治家の影に配慮」明らか

   鴻池事務所はTBSの取材に「便宜を図ったつもりはなかった」としているが、森友学園の意向を近畿財務局に伝えたことを認めた。司会の夏目三久は「追及は来週中も続きますが、注目点はどこでしょう」

 
   龍崎孝(流通経済大教授)「3つあります。異例の格安払い下げ、学校の教育内容、政治家の関与の有無です。それぞれ、会計検査院、大阪府、文部科学省、国会の解明が必要ですね」
   夏目「少しづつ分かってきましたか?」
   龍崎「役人の何らかの配慮が働いたと見ていいでしょうね。圧力ではないが・・・」
   夏目「空気を読んでの配慮ですね」
   龍崎「無言のうちに思わせてしまう、そういう構造ですね」
   きのう2日(2017年3月)の参院予算委員会でも、小池晃議員(共産)らが「政府与党が調査をすべきだ」と求めたが、安倍首相は「会計検査院が調査する」「悪者扱いは不愉快」と明言せず、小池議員は「会計検査院じゃなく、あなたの責任だろう」と迫った。
   自民党からも石破茂・前地方創生相は「だれがいかなる権限でこんなことを決めたのか、全然わからない。野党に言われるまでもなく、政府与党としてきちんと解明すべきである」と苦言を呈した。たしかに、安倍首相の歯切れは悪い。
 
 
 
http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ますます燃え広がる「アベ友... | トップ | 埋設物撤去費用が過大であっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。