曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

カルト政府の洗脳か? あちこちで目にする奇妙なポスター

2017年05月07日 09時02分32秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

2017-05-05 16:07:54NEW !
テーマ:ブログ

カルト政府の洗脳か? あちこちで目にする奇妙なポスター
 
京都のあっちこっちで下のようなポスターが貼られています。
 
 
 
確かに日本人が日本人で良かったと思うのは別に悪いことでは
ないと思いますが、わざわざポスターを貼りまくるほどの意味が
あるんでしょうかね?
 
誰が何のために貼ったのかはわかりませんが、ポスターの下に
 
「誇りを胸に日の丸を揚げよう」
 
と書いてあるので大体の察しはつきますが・・・。
 
そういえば、読売の辛坊治郎も数年前、無謀なヨットの遭難騒
ぎを起こした時に同じようなことを言ってましたね。
 
 
 
辛坊治郎は安倍晋三復活の立役者の一人で、第二次安倍内閣が
出来た前後にシンクタンクの社長に納まっています。
 
ちなみに実兄は住友ファイナンスエイシアの社長。
 
話を戻すと、日本には本来の愛国心とは別の、やたら日の丸に固執し
教育勅語などを復活させようとする擬似保守の勢力が、第二次
安倍内閣以降確実に力を持ち始めています。
 
なぜ擬似なのか?
 
それは彼らが形だけに拘るからです。
 
前に「日の丸」を掲げれば日本人だというのは間違いであると
書いたことがあります。
 
なぜなら外国人でも、時と場合によって「日の丸」の旗を振る
からです。
 
「ワタミの逆襲! 日本乗っ取り計画その1 」
 
本物の愛国心とは、家族が生活する郷土を大事にする延長戦上
にあるもので、そこには政府の意図などは存在しないのです。
 
安倍晋三のグループは、辛坊治郎も青山繁晴も百田尚樹も、
形だけ取り繕えば愛国心を表明したことになると考えています。
 
ネトサポもネトウヨもそうですが、彼らは一様に日本の形に拘り
ます。(顔や名前は日本人離れしてるんですけどね)
 
だから形が崩れて自分の身が危うくなると、それまでの仲間も
簡単に裏切るのです。
 
例えば森友学園問題が発覚した当初、安倍自民の巣窟2ちゃんねる
掲示板では下のような書き込みが多数ありました。
 
:名無しさん@1周年:2017/03/09(木) 17:02:43.27 ID:/3wAw0E10
    結局この騒ぎは、愛国心を持った子供がどんどん育つと困る
  連中の民進党・共産党・朝日新聞・TBSなどによる「保守潰し」
 
    この件で連中は、安倍政権のイメージ失墜と辞任までを画策
    「客観的な証拠」が無いのにも関わらず必死にネガキャン
    さらに愛国的教育をカルト認定することで「安倍潰し」と、
  「愛国心を育てる教育も潰す」という謀である
 
    森友学園のように 一生懸命、愛国心を育てようとしている
  学校に対して、寄ってたかってぶち壊そうとしている小賢しさ。
 
  民進党と朝日を筆頭に連日報道攻撃には嫌悪感を覚える。
  今、日本には森友学園のような教育方針が必要。
  森友学園を潰すことが、そんなに喜ばしいことか。
  日本にとっては大きなマイナスのはず。
 
上のように絶賛していたのが、しかし安倍晋三・昭恵夫妻が、
 
「知らない、しつこい、迷惑している、勝手に名前を使われた」
 
などと連発してから、上記のような書き込みは一切なくなりました。
 
愛国心を育てようとした偉大な理事長に対しても、
 
「籠池のおっさん頭大丈夫か?」
 
などと書く始末です。
 
ただし戦前回帰の誘導と洗脳は諦めきれないので、上記の
ようなポスターを貼る作戦に出たんじゃないでしょうか?
 
森友学園も大阪でしたし、似非保守の橋下維新も大阪発祥。
 
カルトの土壌は関西一円に出来上がっています。
 
このGW期間中、日本はショックドクトリンの花盛りです。
 
京都を皮切りに安倍真理教のサブリミナル開始か?
 
 
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この顔、大麻を吸引している... | トップ | 安倍政治は端的に言うと己の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。