曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

民進党の本気度のなさ当初の主張を貫けない皇室典範改正にも謙虚に現れている

2017年03月14日 13時29分35秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

 

民進党の本気度のなさ当初の主張を貫けない皇室典範改正にも謙虚に現れている
 
                                 
                   天皇の退位を巡る自民と民進両党の譲歩(毎日新聞)
 
本気で政権獲得を目指してして行くためには政権党に譲歩を許してはならないのだ。
政権獲得は戦いなのである。政権党に譲歩を許すようでは、国民の支持は得られない政治は国民のためにある、天皇の意思を多くの国民は支持しているそれを組みとってくのが政治であり戦いなのである。従がって民進党は真に政権獲得の本気度がないことになる。


http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本会議が籠池夫妻と森友学... | トップ | 森友学園訴訟稲田氏出廷20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。