猫とのんびりブルガリア

ブルガリアで猫とのんびり暮らしています。知名度のまだまだ低いブルガリアンライフを広めるべく少しずつ紹介していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

署名にご協力を!-ソフィア 野良犬の殺処分が再開?

2012年04月21日 | 日記
今日は、あまりにも腹が立ったので書かせてください!

信じられないニュースが飛び込んできました。
EU加盟以来、野良犬は去勢して狂犬病の処置をすると、いう事をしていたそうですが、
ブルガリア農林水産省のトップが野良犬の殺処分再開を希望しているというニュースです。
ブルガリアは2007年EUに加盟した際に法律で野良犬、猫の殺処分を法律で禁止しました。
もちろんEUに加盟する際の必須条件としてです。

ソフィアに出向くと野良犬を見ない時はありません。未だに数は増え続けているのが現状で野良猫の
数は更に多いと推測されています。
こちらのテレビやニュースでは毎回野良犬が子供やお年寄りを噛んだ、というような偏った報道しか
されておらず、野良犬は悪だ!殺されてもしょうがない。と信じ込んでいる人も少なくはありません。
その影響か、野良犬、猫に対する虐待も多く、両足両手を切断された子犬が道に放置されると
いう事件がありました。 このニュースは国際的にも取り上げられ
遠く離れたアメリカでも署名活動と街でデモが起こるほどに。

前足と後ろ足4本を肉きりナイフで切断されたこの子↑(ミマ)は無事、ドイツの里親さんに引き取られ今は幸せにくらしています。この殺処分再開きっかけの発端となったのも、ソフィアのある地区で88歳の著名な教授が野良犬に襲われたといニュースが流れたのが始まりで、怒った住民たちが地区の代表に殺処分を嘆願したのが始まりです。このニュース番組ではやたらこの教授がいかに偉いかを強調しまくり、人々の感情を怒りへと仕向けていたように思います。恐ろしいことに怒った住民たちが自主的に野良犬狩りをはじめ、関係の無い犬が次々と殺されるという信じられない事態まで起こってます。

「国家の偉大さとモラルの高さは,その国の動物に対する扱い方で判断できる」マハトマ・ガンジーの言葉

ブルガリア人の中にもこういった無知をなくそうと動物保護活動している方もいますが、残念ながら
動物の命を簡単に考え、責任を持って最後まで、という感覚がある人が少ないような気がします。
そして国のトップである役人までもが・・・

多くのブルガリア人が悲しいことに野良犬、猫は凶暴でノミやダニと一緒、害虫だ、と信じ込み、
血統書つきの犬をこぞって飼う方が多いです。シェルターで救える命があるのにとても残念です。

ブルガリアでは役人がEUからの補助金を自分の懐にしまいこみ、受け取るはずの動物保護団体には殆ど行き渡っていないのが現状です。実際、わたしも以前怪我をした野良猫を助ける為ブルガリア国内の色んな動物保護団体に連絡しました。私が住んでいる地域で動物保護団体を数件見つけ、すべて連絡しましたが、代表者に連絡が取れたのがそのうちの1件のみ。
やっと話しができたその代表者が、政府からの補助金があって機能しているのはほんの一部で、
自分たちや募金で活動している団体が大部分だ、という話を伺いました。連絡がついたその団体も資金不足で存続できない状態でした。

ブルガリア政府が2008年以来動物保護法に基づいた努力をしていなかったのは明確です。
その上、国のトップが今更殺処分を再開しようとしているなんてとんでもないニュースです。

これに阻止しようと現在署名活動が行われています。
是非、署名にご協力してください!ごめんなさい。パーツの貼り付け方がわからなかったので
面倒くさいですが、オンラインで直ぐに署名参加できます。
署名サイト→(http://www.thepetitionsite.com/760/460/308/we-say-no-to-euthanasia-for-the-stray-dogs-of-bulgaria/#sign)


にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へにほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなところに?鳥とウサギ | トップ | 野良犬の殺処分その後 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Kotora)
2012-04-22 04:35:46
ひどい…。
次の記事を書くとき転記させてくださいね。
野良犬、東欧では多いようで…。ドイツではルーマニアの野良犬のことがよく報道されてましたが、ブルガリアのは知らなかったな。きっとドイツでも保護団体などで動きがあるでしょうね。ちょっと注意してみてみます。
ブルガリアは…EU官僚の汚職がひどいと聞きました。今まであったことがあるブルガリア人がみんな良い人だったもので、ブルガリア(人)と汚職がイメージ的に結びつきにくかったんですが。
NGOは特にちゃんと寄付金が行き渡っているかとか、第三者が監視しなきゃいけないんでしょうね…。
Kotora様、 (りり)
2012-04-22 18:32:30
Kotoraさん、コメントありがとうございます。是非、転記大歓迎ですので、いつでもおしゃrてくださいね。
残念な事に汚職は未だに日常茶飯事です。本当に一生懸命になって動物を救済しようとしているブルガリア人もいますが、一部の役人が善良な気持ちを自分の肥やしの為にポケットにしまいこんでいるのが悲しいかな。現実です。
ミマの治療と里親になったのもドイツの団体なんですよ~ドイツは動物保護に関しても先進国ですよね。ブルガリアにもドイツの保護団体の支部があり(外国の動物団体はちゃんと機能してます・・・)多くの虐待された犬猫達がドイツ人たちによって命を救われてます。
ブルガリア人の中にも責任を持って活動する人たちもいますが、ごく一部で、多くは近所の犬猫にエサを与える、で終わっていて、引き取って、去勢をするわけでもないので数だけ増えるという悪循環です。素朴で人柄はいい人のですが、責任・・となると簡単なほうへ流れていく、というのが悲しいことに現実です。Kotoraさんがお会いしている外国に住むブルガリア人は自国の考え方が合わないと、国を出ている人が多いので、きちんとしている方が多いとおもいますよ。優秀な人ほど海外に出てしまってます(泣)
Unknown (Queen Sasha)
2012-04-23 07:40:26
今サインしてきました。
本当に信じられない話ですね・・・読んでて怒りが込み上げてきました。
こういう話を聞く度になぜ人間がそんなに偉いんだろうと悲しくなります。
アメリカには野良は犬猫ともそれほどいないのですが、
欧州では多いのでしょうか?
ブロ友さんが最近ブータンに旅行に行ったのですが、
その国は動物の殺傷は法律で禁止されていて
野良ちゃんも人も平和に共存している素晴らしい国だと言っていました。
ひとつの国がそう出来て他の国に出来ないことはないですよね。
やはり国のポリシーと政治家によるのかしら。
動物=汚いと思うのは人間の無知ですよね。
明らかに人間の教育から始めないとこうして罪のない動物にまで害が及ぼされてしまうのですよね。
どうか、どうか状況が改善されますように!
Unknown (Ikuo)
2012-04-23 09:45:02
署名しておきました。
時に人間様は本当に困った動物ですね。
Queen Sahsa様、 (りり)
2012-04-23 18:24:17
早速の署名本当にありがとうございます!Sashaさんの1票がこの偏った考え方を変える手助けになると思います。
アメリカはアニマル警察などもいて、動物の権利がちゃんと守られていますよね。虐待した人も法律で裁かれるようなシステムが揃ってて、ブルガリアとは比べ物になりません。欧州でも西側の先進国は動物に対する権利について、きちんと法律化されていて、一般人の方々も動物愛護精神は非常に高いと思います。只、ブルガリアを含むバルカン地帯ではまだまだ動物保護精神が発達してなくて、近隣国のマセドニアやセルビアなども同じ状況だそうです。
私もこのニュースを聞いた時は心底腹が立ちました。元々人間の勝手で増えていった犬猫には罪はないのに、数が多すぎるから、とか、すべての野良は強暴だとかという偏見を理由に殺して処分するなんて、あまりにも命を軽く見すぎてますよ。
ブータンは素晴らしい国ですね!
ブルガリアも是非人々の偏見をなくすため国が教育を施し、動物と本当の意味で共存できる国になってほしいと願います。
Ikuo様、 (りり)
2012-04-23 18:35:10
署名のご協力ありがとうございます!
本当に人間様は困ったものです。
なんて勝手なんだろうと、悲しくなります。世界中どこに行っても動物を虐待したり、簡単に殺そうとする人がいますが、国を代表する立場の人までもが偏った考え方で、法律を変えようとするなんて、残念の一言です。
本当に動物たちを守ろうと一生懸命に活動しているブルガリア人もいるのに・・・
この馬鹿げた提案がなくなることを祈ります。また何か動きがあればプログでご報告します。本当に有難うございました!
Unknown (Kotora)
2012-04-25 01:19:59
先ほどりりさんの記事の一部を転記させていただいた記事をアップしました。
Kotora様、 (りり)
2012-04-25 19:52:03
転記していただき有難うございました!一人でも多くの方に知ってもらえると思うと本当に嬉しいです。Kotoraさん感謝します!
サイン (uedakam)
2012-04-28 21:07:43
サインしておきました。なんだか、50年前の日本のようですね?残念ですが。保護団体にうまくお金が回るのには時間がかかるようです。ブルガリアではEUからのお金がどこかえ消えてしまうそうです。
Uedakam様、 (りり)
2012-05-11 22:01:00
ご署名有難うございました!
日本もそんな時代を経てきたのですね。ここに住む者として一日も早く汚職がなくなり、必要な所にちゃんとお金が行き届くシステムが出来上がる事を願ってやみません。数年前に、EUからのインフラ用の補助金がアッという間にどこかに消え、補助金の凍結が行われたのが記憶に新しいので、まだまだ時間がかかるかもしれませんね・・・(悲)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。