谺して山ほととぎすほしいまゝ (久女ブログ)

近代女性俳句の草分け的存在である杉田久女について

俳人杉田久女(考) ~久女と多佳子~ (24)

2017年01月25日 | 俳人杉田久女(考)

最初は俳句の先生として多佳子に接していた久女でしたが、だんだん慣れ親しむようになると、久女の生来の率直さから「ダイヤを捨て馬車を捨てて芸術家の夫に嫁したが、一枚の絵も描かず田舎教師に堕ちて了った」と自身の身の上話までするような間柄になったようです。

この辺りのことを後に多佳子は<久女は初めは私の先生として、終わり頃は身に渦巻く熱情を私達夫婦にぶつけるように、訴えるように通って来られるようになった>と書いています。

久女は後に櫓山荘を詠んだこんな句もつくっています。

      「水汲み女に 門坂急な 避暑館」

久女は多佳子と俳句の話に熱中し、弁当持参で夕食の時間になっても腰を上げないので、多佳子の夫、豊次郎が家庭を顧みないと久女を非難して櫓山荘への出入りを禁じたとの風聞が<久女伝説>として残っているのだそうです。

この話は面白い話で、俳句のことになると俳句しか考えられなくなる久女の面目躍如で、久女像をうまく捉えた話だとは思いますが、実際はどうだったのか、何か他のことが絡んでいる、としている研究書も多々あるようです。


多佳子の夫、橋本豊次郎が櫓山荘への出入りを禁じたというこの話は、私からみてもどこか変ですね。久女は俳句の先生として櫓山荘に来ているわけで、その久女のことを家庭を顧みないと非難するなんて、それはよその家庭の事に首を突っ込むことで、この夫はものが判らない非常識な人に思えますが。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ⇐ランキングに参加しています、クリックよろしく~(^-^)


(この久女ブログは「日々の暮らしに輝きを! http://blog.goo.ne.jp/lilas526」の中のカテゴリー、俳人杉田久女(考)を独立させたものです。久女ブログの目次は左サイドバーの最新記事の最後にある >>もっと見るをクリックすると出てきます。)







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳人杉田久女(考) ~橋本多... | トップ | 俳人杉田久女(考) ~橋本多... »
最近の画像もっと見る

俳人杉田久女(考)」カテゴリの最新記事