キュピリちゃんのNEWS FLASH

児童文学作家の名木田恵子さんに関するニュースを
どこよりも早くお伝えします♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストーリーで楽しむ日本の古典3 百人一首

2012年12月04日 | 新刊情報










ストーリーで楽しむ日本の古典3
百人一首~百の恋は一つの宇宙・・・永遠にきらめいて
名木田恵子:著
二星天:絵
岩崎書店
ISBN : 978-4-265-04983-7
税込価格: 1575円(本体価格1500円)



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おはなしめぐり:「レネット 金色の林檎」~インタビュー

2012年05月23日 | 妖精村からのお知らせ
<レネット~金色の林檎>発刊に際して、名木田先生のインタビューが新聞に掲載されました。


おはなしめぐり:「レネット 金色の林檎」 名木田恵子さん
毎日新聞 2012年05月23日 東京朝刊


 ◇福島の子たち、励ましたい−−名木田恵子さん(62)
 26年前に起きた旧ソ連(現在のウクライナ)のチェルノブイリ原発事故をテーマした児童書「レネット 金色の林檎」が先月、講談社青い鳥文庫から発行された。作者の名木田恵子さん(62)は、東日本大震災や福島第1原発事故でふるさとに戻れない子どもたちに思いをはせる。

 物語では被ばくしたベラルーシの少年と、日本人少女の触れ合いを描きました。少年は保養のために訪れた北海道・余市の少女の家で、ひと夏を過ごします。少年を素直に受け入れなかった少女ですが、大人になり夏の日々を振り返ります。

 チェルノブイリ事故の翌年、当時3歳だった娘とイギリス・ロンドンへ旅行しました。行く前に知り合いから、「放射性物質の汚染はヨーロッパ全土に広がっている。牛乳もアイスクリームも安全とは言えず、子どもを連れて行くのは良くない」と忠告されました。被害の大きかったベラルーシの人たちは大変だろうと思いつつも、ロンドンでは食べ物に気を使った自分の行為が利己的で、後ろめたい気持ちにもなりました。

 その後も、ベラルーシの人たちはどうしているのだろうと気にしていたところ、今から15年ほど前にテレビのドキュメンタリー番組を見たんです。ベラルーシの子どもたちを日本に呼び寄せ、保養させる団体の活動を紹介していました。顔色が悪く弱々しいベラルーシの男の子と、日本人の元気な女の子が遊んでいる姿が映し出され、「チェルノブイリ事故をテーマに、初恋を書きたい」と強く思ったんです。

 1行も書いていないのに、私の中では少年が亡くなる物語ができていました。なかなか書けずにいましたが、6年前に北海道で保養活動をしている人に取材できました。その人が、「500人近い子が日本で保養したが、一人も亡くなっていない」と教えてくれ、物語の展開ががらりと変わりました。「少年は死なない」と決めたとたん、私もうれしくなりました。数年間温めていましたが、2週間足らずで書き上げました。書きながら、息ができないほど泣くこともありました。

 「善意の行為は、自分のためであってもいい」というのが、物語のもう一つのテーマです。物語の少女の兄は、少年と同い年で亡くなっています。両親は少年に息子を重ね、かわいがります。自分がいやされるためでも、人に尽くすことは素晴らしいと思います。

 06年の初版刊行時に、チェルノブイリ事故を「私たちにも起こりうること」とあとがきに書きました。日本でも原発事故が起きました。福島の子どもたちは、不条理なことにさらされています。子どもたちを我が身に置き換えて考え、励ませるのは、本の役割のように思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レネット~金色の林檎

2012年04月15日 | 新刊情報










青い鳥文庫
レネット~金色の林檎
名木田恵子:著
丹地陽子:絵
講談社
ISBN : 978-4-06-285284-5
税込価格: 714円(本体価格680円)




2006年に金の星社から発売になった<レネット~金色の林檎>が、文庫版になって講談社の青い鳥文庫より再販されました。

第31回 平成19年 児童文芸家協会賞受賞作品
第53回 平成19年 青少年読書感想文全国コンクール中学校課題図書


過去の記事を読む

TVインタビューの記事を読む


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レネット 名木田恵子トークショウ

2012年03月11日 | 妖精村からのお知らせ
3月11日の震災1周年の日に、名木田先生と<チェルノブイリへのかけはし>の野呂さんとのトークショウが開催されました。


大震災から1年。
「子どもたちの未来を守るために」をテーマに、チェルノブイリへのかけはしで実際に保養運動をされて誰よりもチェルノブイリの子どもたちの実状を知っている野呂さんと、4月に講談社青い鳥文庫からレネットが発売になる名木田先生お二人揃ってのトークショウです。

チェルノブイリ原発のその後、東日本大震災と福島原発事故のこと、レネットが生まれたいきさつ。そしてキャンディ・キャンディの事件の話・・・など。
盛りだくさんの内容だったようです。

はじめ、セリョージャは死ぬ運命だったらしいです(苦笑)!

『私はよく人を殺してしまうんです(←キャンディ・キャンディのアンソニーのこと)』と名木田先生。
重たいテーマのトークショウだったにもかかわらず、会場には笑い声が漏れたそうです。



5年前レネットが発売になった当時、テレビのインタビューで・・・

『この物語(レネット)はベラルーシから子どもたちを北海道に保養で受け入れる話ですが、いつ何時私たちが逆の立場になるか・・・分かりませんからね。』

と名木田先生が語られていた言葉が・・・胸に突き刺さります。


東日本大震災でお亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈りします。


日時:3月11日(日) 午後4時30分~
会場:西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ4番教室
参加チケット:税込1,000円   定員50名
参加チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本http://www.libro.jp/news/archive/002415.php


3月11日、レネットinリブロ【チェルノブイリへのかけはし】

イベント情報【リブロ池袋本店】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空のしっぽ

2012年02月29日 | 新刊情報










空のしっぽ
名木田恵子:著
こみねゆら:絵
佼成出版社
ISBN : 978-4333025237
税込価格: 1,155円(本体価格1,100円)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日 おめでとうございます!

2011年11月28日 | メモリアル
今日は名木田先生のお誕生日です♪
名木田先生、お誕生日おめでとうございます(*^^*)/

管理人の力不足のために、妖精村にお越しのみなさん同士の交流の場であったあかねちゃんのお部屋、ヴィオラちゃんのお部屋、マリアちゃんのお部屋を健全に運営することが困難となってしまったままとなっています。
そして、例年通りのパーティ会場に飾り付けをしてみなさんと先生のお誕生日をお祝いする場を準備することができませんでした。

本当に申し訳ありません・・・。

毎年楽しみにしてくださっているみなさん、ごめんなさい。

けれどその間にも、先生の作品を読み返すたびに、先生の作品に勇気付けられ、励まされる・・・そういう時間を送っています。

きっとみなさんも、今日の名木田先生のお誕生日(・・・そして和夫くんのお誕生日)を覚えててくれて、いつものように一緒にお祝いしたい気持ちで・・・今このページをご覧くださっていることと・・・想像しています。

いつもよりもちっちゃな、ちっちゃなお誕生日会ですが、心から先生のお誕生日をお祝いしたいと思います。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

赤い実たちのラブソング

2011年08月21日 | 新刊情報










赤い実たちのラブソング
名木田恵子:著
PHP研究所
ISBN : 978-4-569-79924-7
税込価格: 1,470円(本体価格1,400円)



<赤い実はじけた>覚えていますか?
小学校の教科書に載ったこのお話、国語の授業で勉強するにはちょっと照れくさい・・・そんな初恋の物語でした。

淡い初恋に胸キュンしていた当時の小学生のみなさん、綾子と哲夫はその後どうなったのか・・・知りたくないですか?

30歳になった綾子と哲夫、そして同級生たちの物語を綴った15編の短編集が発売になりました。

PHP研究所から発刊になっていたアラサーの女性に向けた情報雑誌、misaki(現在は廃刊)に連載された短編に手をくわえて今回1冊の作品にまとめられました。

<赤い実はじけた>に思い出のあるみなさんも、そうでないみなさんにもぜひ読んでいただきたいです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

air~だれも知らない5日間

2011年06月11日 | 新刊情報










青い鳥文庫 Yシリーズ
air ~だれも知らない5日間
名木田恵子:著
toi8:絵
講談社
ISBN : 978-4-06-285221-0
税込価格: \714 (本体 : \680)



青い鳥文庫に新しいシリーズが誕生です♪
中学生向けの作品を集めたYシリーズ

名木田先生のちょっと懐かしい作品 airが装丁も新たに登場です。

*********


中学2年生の絵亜は、厳格な両親~自立した母、研究に没頭する父~のもと、常に両親の愛を感じられないまま、両親は自分には関心がないのだという疎外感を感じながら毎日を送っていた。
そんな絵亜の心のよりどころは、小学4年生のときから、『いつでも家出できるように・・・』と言う思いでそっと隠していた赤いリュックサック。
そんな孤独な日々の中、偶然出合ったのは小学生の頃の同級生、佐和子だった。佐和子は「プチ家出」の最中だという。

AOIレジデンス809号室___そこは、家出をした子のシェルターだった。

真夏のある日、絵亜もそのシェルターに身を寄せる。両親が出張で留守をする間の短い間・・・・。

それぞれに事情~スピード、援助交際、虐待~を抱えた少年、少女たちが身を寄せる場所・・・。そこでの不思議な生活を通じて、自分自身がこの世に存在しているという証しを見出していく、絵亜。心を通い合わす・・・少年、衆介。

私の体に流れているもの___それは、愛。



とても衝撃的なキーワードが並んでいるこの作品ですが、読んでいただけると分かると思いますが、名木田先生の手にかかると、どこかさわやかで、すがすがしい風が流れているんですよね。そして、真夏の陽炎のような・・・切なく淡い初恋の物語になってしまうから、不思議・・・。
物語の中で印象的だったのは、衆介の言葉・・・『つらいことって、それぞれみんなちがうからな・・・』。二人がはじめて心を通い合わせる場面で、衆介がそっとつぶやくんですけど・・・。絵亜の生まれ育った境遇は、一見すると、衆介や佐和子たちに比べると、恵まれているように見えます。だけど、絵亜は・・・毎日、『自分には愛が流れていない!』と孤独を感じていたんですよね。

物語の中で流れている、優しく切ないアリア<私を泣かせてください>は、絵亜の心だけでなく、私たちの心にも響き渡りました。

【妖精村ライブラリ:とっておきの1冊~より転載】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

わたしの歌う犬~夢をひろげる物語(11)

2011年02月15日 | 新刊情報









<夢をひろげる物語11>
~かわいい動物の7つのお話
わたしの歌う犬
芝田勝茂:編著
名木田恵子:著
小松良佳:絵
ポプラ社
ISBN  978-4-591-12257-0
定価1050円(本体1000円)



名木田先生の作品はぴよちゃんとの六十日です♪

今から10年以上も前に名木田先生のご自宅で本当にあった、ヒヨドリのぴいちゃんのお話だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Joyeux anniversaire~♪

2010年11月28日 | メモリアル
名木田先生、お誕生日おめでとうございます(*^^*)

今年は・・・管理人さくらが旅行中のため
お祝い会場の準備ができませんでした。
本当に申し訳ありません(><)

キュピリちゃんのお部屋は例年通り
お祝いの記帳所にしたいと思います。
みなさんからのお祝いのメッセージをお待ちしています♪

旅先から戻り次第・・・例の準備を(←きっとお誘いが・・・ある?!笑)
急いで取り掛かる予定です(*^^*)


名木田先生、素敵なお誕生日をお迎えください!!



コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

恋するレインボーケーキ~夢をひろげる物語(10)

2010年11月15日 | 新刊情報











<夢をひろげる物語10>
~あま~いスイーツの7つのお話
恋するレインボーケーキ
芝田勝茂:編著
名木田恵子:著
カタノトモコ:絵
ポプラ社
ISBN  978-4-591-12113-9
定価1050円(本体1000円)



名木田先生の作品は・・・本のタイトルにもなっている恋するレンボーケーキです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説キャンディ・キャンディ Final Story (上・下)

2010年11月01日 | 新刊情報









小説キャンディ・キャンディ
Final Story (上)
名木田恵子:著
祥伝社
ISBN  9784396460303
定価1680円(本体1600円)











小説キャンディ・キャンディ
Final Story (下)
名木田恵子:著
祥伝社
ISBN  9784396460310
定価1680円(本体1600円)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キャンディ・キャンディ Final Storyへのキセキ

2010年10月27日 | 妖精村からのお知らせ

夏のゆりかご 投稿者:名木田恵子 投稿日:2010年 7月29日(木)

“小説版キャンディ”について。

遅れに遅れてしまいましたが(ほんとは5月に刊行する予定)やっと、初稿を見終わりました。美しい装丁はすでに完成しているのに・・。全編改稿というのは、思いのほかきつい仕事でした。過去にまださいなまれていることが時おりの中断の原因だったかもしれません。けれど、改めれば改めるほど、漫画や過去と訣別でき、新たな世界が広がりました。そうするとまた、漫画の読者はいやかも・・と思ったりね・・。
でも今は、すべてがふっきれて、正真正銘のすがすがしい気分になれました。
上下巻。30代のキャンディの回想という形式をとったことで、改めて登場人物ひとりひとりに向き合うことができて至福の時間でした。

発行日が決まったら、またお知らせにきますね。





キャンディのFinal版のこと 投稿者:名木田恵子 投稿日:2010年10月14日(木)

みなさま、お元気でしょうね・・。すっかり御無沙汰してしまいました。

きょう・・やっとFinal小説版の“あとがき”のゲラを返しました。これでわたしの仕事は終了となります。
発売日が決定したとき,みんなにはやく知らせたかったのに・・。ごめんね。・・。
・・かなり落ち込むことがあって・・書き込めませんでした。(詳しくは事件HPで)
出版もされていないキャンディたちが、汚されたようでつらかったのですが、でも、それはそれ・・やはり、頑張ってよかった、と表紙や帯を見ながら思いました。

発売は 10月28日。 1680円。上下巻。

ちょっと高いね・・。はじめのお話しが<文庫版>で、気持ちが動いたのは<安価で届けられる>ってことだったのに・・。なんだか、だんだん贅沢な本になってしまって。
でも、ばらが咲き誇る表紙を見たら、はっちゃん、絵を描きたくなるかな? ローズさん、帯見てなんていうかな・・と、気持ちがだんだん高ぶってきました。
しょうこ大おばさまの想像通り、ほんとにきつい仕事でした・・。でも、喜んでくださってうれしい・・。

繰り返しいっていますが<続編ではありません>。
今までの小説版を全部書き直したのです。でも、なんだか計算上は300枚余は原稿増補になるし、30代のキャンディが回想しているし・・担当さんは“書き下ろし”といってくださるけど・・でもね、内容は同じです。
だから、あんまり期待しないでね。

ほんとうに時間がかかりました。
まだ半分、心が空を飛んでいます。
でもね、これでほんとにすべて、けじめとお別れができました。わたしにとって、ほんとのFAINALです。



なんだか気持のいい風が・・ 投稿者:名木田恵子 投稿日:2010年10月16日(土)

Final 版を書いて、ほっとしたことの一つは、今まで失礼していたポニー先生、レイン先生、ジョルジュたちにやっとフルネームを与えられたことでした。
アニメ化のときも聞かれて、「そのうちに・・」とかいっているうちに、終わってしまいました。必要なかったのね。
でも・・やはり、申し訳ないなあ・・と、ずっと思っていたの。今回はもちろん全員に。(スチュワートやメアリも・・そうそう、クッキーの本名も!)

困ったのは、アンソニーのお父さま。もともと決まった名前のある人たちがいて、古いノートに書いてあったのに・・またもや、見失って(我が家くらいさまざまなものが迷子になるうちは少ないと思う)しかたなく仮に(記憶にあった)“レイモンド”に。
でも、よかった!書いている間にノートが出現。見ると“ヴィンセント・ブラウン”でした!
“レイモンド”になんとなく違和感があったのは・・
「えっ!? レイモンド・ラガン!?」
・・ニールとイライザのお父さまの名前でした。
なんで、そっちが記憶に残っていたのでしょう・・??

・・といった裏話のくだらない話題でした。

みんな、ありがとう!



*************


去年の名木田先生のお誕生日チャットの席で初めて教えていただいた、新しく生まれ変わるという小説版キャンディ執筆中のニュースは、本当にうれしいサプライズでした。
それから約1年・・・。
ついに発売日が決定しました♪

10月28日 忘れられない日になりそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリンセスと魔法のかがみ~夢をひろげる物語(7)

2010年06月15日 | 新刊情報










<夢をひろげる物語7>
~だれも知らないプリンセス!7つのお話
プリンセスと魔法のかがみ
芝田勝茂:編著
名木田恵子:著
千野えなが:絵
ポプラ社
ISBN  978-4-591-11843-6
定価1050円(本体1000円)



名木田先生の作品は・・・本のタイトルにもなっているプリンセスと魔法のかがみです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンスター城のお客さま~夢をひろげる物語 (4)

2010年01月15日 | 新刊情報









<夢をひろげる物語4>
~こわい?かわいい?モンスターの7つのお話
モンスター城のお客さま
芝田勝茂:編著
名木田恵子:著
カタノトモコ:絵
ポプラ社
ISBN  978-4-591-11477-3
定価1050円(本体1000円)



名木田先生の作品は・・・モンスター・ラブです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加