後藤ミホコ~アコーディオンらいふ~

アコーディオニスト・後藤ミホコのブログ

山梨公演無事終了、そしてTENGOライブツアー2016終わりました~~

2016-11-20 00:18:52 | 日記


上の写真、見事な似顔絵です。
山梨・甲府の桜座公演無事終わりました。似顔絵は、本公演制作担当・大宮和枝さんの作品!
よく見たらメチャクチャ似てるというか、特徴とらえてて、私なんか写真の自分と似顔絵、おんなじやん==!
天野さんも似てる。おかしくなる~~

会場出たところにプログラムを貼ってくれたのですが、ついでに似顔絵も載せた、というんだからこのセンスのよさ!

作者・大宮和枝さんと。



この日は、最後なので結構気合いが入り、入り過ぎたのか、二部の途中、「剣の舞」を弾いているとき天野さんのバイオリンのE線が切れた!

バンっという音。
「あ~切れた!」

中断。
そして天野さんは即座に舞台後ろで弦を張る。
そして時間つなぎに、私はMCで事情説明と、急きょ楽器(アコーディオン)の説明。
アコは珍しい楽器でもあるので、これはこれでお客さんは熱心に耳を傾けてくれるので、時間つなぎでも何とか持つ。

思えば、15年前にTENGOで活動しているときも、弦が切れるという事態はいくつかあり、そのたびになんかしゃべって時間をつないだけど、まさか今回久しぶりにそういうことになろうとは予想してませんでした。


この日の桜座に来られたお客さんは皆とても温かい方々ばかり、という印象を受けました。

寅さんのメロディーの時も、恋のバカンス、そしてロシアンメドレー・・・私たちに合わせて口ずさんだり、手拍子したりの方が何人もいらっしゃって、ああ、みんな心から音楽が好きなんだ、素晴らしいな、心が一つになっているんだと実感したのでした。

私のMCにも反応してくれて、曲の説明、楽器の説明、ひとつひとつに
「は~そうなのか~」
とか、時にふ~~んん~~と唸り声が聞こえたり(笑)



最後のアンコールの時は、お客さんに少しでも近づこうと、前に出て「ロシアンメドレー」を弾きました。

お客さんに楽しんでいただけたら何よりです、私たちも心が和みます。



今年は、ホントにたくさんの方に協力していただき、また、たくさんの方に聴いていただいて、今は全ての方にただただ感謝の一言です。

ツアーが始まる前は準備でホントに大変だった。。。
そして、ツアーが始まっても、コンサートの最後の最後で大ボケ(笑)があったり(大阪公演)、ピアノを弾く羽目になったり(名古屋公演)、弦が切れたり(山梨公演)、もうハプニング満載でした。

でも、どの公演も思い出深く、忘れられない今年のツアーとなりました。
とうとう終わったな・・・
ホッとして、さあ、これで楽になれると思うと同時にちょっと寂しい。

準備の時は、こんなしんどいのはもう御免だ~と思ったこともあったくせに、また同じしんどいことをしようとしている私を、不思議だけどわかるような気がします。

これに懲りずに、どうぞみなさん、またお付き合いくださいませ。
今回で、よかったところはさらによくして、反省すべき点は改め、工夫し直して、さらにツアーを充実させていきたいです。

TENGOは行けるところまで行こう、弾ける限りは弾き続けようと、今日も宣言したばかりです。
来年もよろしく。。。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨公演あと三日!それと、T... | TOP | 静岡、一人旅 »
最近の画像もっと見る

Related Topics