後藤ミホコ〜アコーディオンらいふ〜

アコーディオニスト・後藤ミホコのブログ

TENGO北海道&盛岡ツアー始まりました

2016-05-25 01:40:49 | 日記
北海道&盛岡ツアー始まって三日目。

北海道アツ〜っ!
汗ダク、
タンクトップ洗濯間に合わず4枚買い足すほど。

そんなスタートでしたが、ホントに感動的な初日、苫小牧ライブ。



そして小樽市の文学資料館すえおかで二日間ライブ。


ここは400年の埋れ木で作られた建て物、さすが小樽です。

苫小牧、小樽、共に素敵な空間で音の響き最高。生音はやっぱりいい。

昼間は老人介護施設ロビーミニコンサート。終わったらすぐ移動、夜はライブ、
超超ハードな日が続いています。

でもお客さんが私たちの音楽を楽しんでくれている様子を見ると疲れは感じません。
つくづく、音楽の力って素晴らしいと思う。

明日は一番ハードな一日になります。

夜はパキスタンカレーつなぎ屋。

ライブ詳細は私のホームページをご覧ください。

明日もがんばろ。

ライブ終わって遅い夕食は近くの居酒屋で北海道の魚と野菜、シンプルな食事だけど大満足。何も言うことなし。
洗濯も終わったし、ライブの録画見たし、ようやく一日が終わった。これからゆっくり休みます〜


この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ22日から

2016-05-20 12:56:12 | 日記



明後日22日に羽田を出発して、いよいよ北海道&盛岡ツアーが始まります。

もう今は準備で大変です〜〜〜でも実はワクワクしてます。

TENGOで北海道訪問は13年ぶりですから本当に久しぶりのTENGOステージになります。

北海道の皆さん、まだTENGO聴いたことのない方はどうぞ一度いらしてください。


今回、老人介護施設の方からのお声がかかり、ツアーの前半の4日間、昼間はロビーコンサートでも演奏します。
そして夜は小樽、札幌のライブ。
プログラムも、TPOに合わせて少しずつ変えています。

22日の苫小牧を皮切りに、小樽、札幌、函館そして盛岡。
9日間で12公演。

ホントに楽しみです。
詳しくは

http://www.mihoko-goto.com/tengo/

この記事をはてなブックマークに追加

文京区障害者連盟に寄付

2016-05-19 02:00:06 | 日記


先日、文京区障害者連盟の寄付金贈呈式に参加しました。

4月22日の文化シヤッター主催「TENGOコンサートinBX」は、文化シャッターと私の共同のチャリティーコンサートです。
地域への社会貢献に力を入れておられる文化シヤッターの趣旨に私が賛同して、コンサート終了後に、文身連の皆さんに文化シヤッターと私と合同で寄付金を贈呈、と言うことを毎年行っています。

上の写真は先日の贈呈式の後の記念写真。
前列左から文化シヤッターの中村博紀さん、私、文身連の会長の住友孝子さん、そして後方は役員の方々です。



贈呈式の前の会合の時に、先日のコンサートの感想をいろいろ聞かせて頂き、またコンサートに来て下さった障害者の方々からの温かいお手紙を頂くと、自分の演奏が少しでも人の役に立っているんだなあと実感します。
演奏家冥利につきる瞬間です。
私にとって、大切なこのコンサート、
改めて、そんな機会を下さる文化シヤッター株式会社と、関係者の皆さんに感謝したいと思いました。



最後に、新緑の美しいこの季節にピッタリの写真を。
山梨の忍野八海へ。

山梨で今年もライブができたらいいな〜


この記事をはてなブックマークに追加

4月のTENGOコンサートinBX 写真

2016-05-12 00:31:26 | 日記


4月22日の文化シヤッター主催・TENGOコンサートinBXからあっという間に半月。

TENGOの出演3年連続のこのBXコンサートですが、一番最初の2011年から早6年目。
毎年申し上げていることなんですが、このコンサート、特別な思いを持ってステージに臨んでいます。

文化シヤッターの岩部相談役、兵庫県加西市のBX新生精機株式会社の北村社長、そして両社・社員の皆さま。
実はご縁の始まりは昭和50年代。私の父がBX新生精機とお仕事で出会いがありました。
そして何十年も後の今も、こうしてご縁が続いています。
父の娘である私は、演奏すること以外、何もできません。なので、そんな私をコンサートを通じて、いつも温かく見守ってくださっているのです。
「感謝」。他の言葉は何も心に浮かびません。

この日はただひたすら心こめて演奏すること、私にできることはこれだけです。


コンサートのあとのパーティーでは、参加してくださったみなさんにTENGOの新曲、「シナトラメドレー・マイウエイ〜夜のストレンジャー」を演奏。




岩部相談役の楽しいスピーチ。TENGOも思わず笑顔。実は相談役、コンサート前の、政治家との会談を切り上げて駆けつけて下さいました。スピーチでは、ノリノリやや時間オーバー(笑)とうとう隣に座っておられた奥様から「はい、そこでおしまい」と。会場は大爆笑・・・ホントにほほえましいご夫婦のやり取りでした。




北村社長の乾杯の音頭。北村社長、ホントにハンサムな方ですね〜〜
昨年10月の新生精機30周年記念式典の時はお世話になりました。(私、実はその時お祝いのスピーチをしました。ステージのMCのようにはいきませんでした、緊張して・・・でも、生涯忘れられない、感動の一日でした)




このコンサートは、文京区障害者連盟の方々をお招きしたチャリティーコンサートです。
文化シヤッターと私の共同で収益金の一部を寄付させていただいています。
文身連の会長さんへ目録を贈呈しました。




コンサートは、会場満席でお客さんにも大変盛り上げていただきました。
音楽監督、音響、照明、すべてのスタッフの皆さんにもお世話になりました。

改めて、私とTENGOを応援して下さるすべてのみなさん、お越しくださったみなさんに心よりお礼申し上げます。
これからも、TENGOは頑張ります、よろしくお願いいたします!



この記事をはてなブックマークに追加

京都でヨガ、座禅。

2016-05-09 19:06:57 | 日記



ゴールデンウイーク終わりました。みなさんいかがお過ごしでしたか。

私はゴールデンウイーク後半から郷里の芦屋へ。終末大阪でライブ、リハーサルがあり、その後は京都にも足をのばし、ホントに充実した一週間でした。

京都では、友達に案内してもらって、嵯峨釈迦堂「清凉寺」と「宝匡院」を訪れ、(上の写真は清涼寺内)その後天龍寺・等観院にて、友達が毎月受けているヨガに参加。
時がゆっくり進む中、魅力的で包容力のあるヨガの先生の声が流れ、目の前に広がるのは嵐山の素晴らしい景色。外は鳥の鳴き声。時たま、鳶の鳴く声も。。。何と心地よいひととき。

下の写真は、ヨガの間、窓から見える一面緑の景色。



そして、ヨガの後に等観院のご住職がわざわざ来られ、私たちはお話を聞いた後に、なんと座禅を初体験!
ご住職のお話は、座禅のこと、釈迦の教え、ご自身の経験談、修行に対する考え方、いろんな例えを交えてのお話なのでとてもわかりやすく、みんなが引き込まれていました。
「何事も、程々がいいのです、楽器の弦でも、ピーンと張りすぎて糸が切れたり、緩みすぎて音が出なかったりするのでは無く、ほどよいところで糸が張られているのが一番いい。。。」確かに、私も、頑張りすぎて力が入り余裕のない時は納得する結果が出ないです。このお話は、どんなことにも通じることだなあと思い、とても印象的でした。

さて、肝心の座禅は、恥ずかしいけど足が途中で、、ヤバイ、、、痺れてきた!
座禅中、呼吸を何回しているか(ゆっくり息を吸って吐いて一回とする)数えましょう、とのこと。
‥それも途中で分からなくなった。10分間の座禅も全然集中出来てへんやん!
心を落ち着けてもう一人の自分に問いかける、生まれて初めての貴重な試みでしたが。まだまだですなあ〜

最後に、宝匡院(ほうきょういん)の中の花の写真。

私は、音楽を仕事にしているせいか、むしろ日頃の生活では静寂な空間を求めます。
街中はあまりに音が多すぎて、神経が疲れます。何であんなにアナウンスや音楽を流す必要があるのでしょうね。
先日の京都では、一歩外れると人はほとんどいませんでした。ひたすら草花や木々との対話、徹底的に音の無い世界。身も心も潤う時空を満喫しました。












この記事をはてなブックマークに追加