Hodiauxa Lignponto

トランペットと天真体道とエスペラントを楽しむLignpontoのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第5回アジアエスペラント大会 その7の1

2008-02-16 23:00:09 | エスペラント(Esperanto)
今日から大会後の遠足と言って、旅行です。

コースは、タジマハールなどに行く北コースとバンガロール周辺のカルナカータ州を巡る南コースです。

私たちは、南コースを選びました。

何故なら北は、まだ機会があるかもしれませんが、南は、これっきりですから。

午前5時に起床し、集合時間の7時半前にチェックアウトを済ませて、ロビーで待ちました。

待っている間に、ドアボーイと話をしたらバスが来るのは、9時ごろだろうと言われました。

本当にバスが来たのは、9時前で、出発は、9時です。






















3時間かかって、最初の目的地のラガンラィトゥ川の鳥獣保護区に来ました。

ここには、鰐、ペリカン、コウノトリなどがいて、シベリア、オーストラリア、日本、アフリカから飛来してくるそうです。

この川の数キロの範囲は、魚を取るのを規制されてます。

入場料50ルピー(150円)、写真撮影付100ルピー(300円)。











































13時過ぎに出発して、バスで10分くらいの所の川べりのレストランで、昼食。





14時半に出発し、14時40分にこの地域を治めていた王様のチプ・スルタンのお寺に到着。

博物館は、撮影できませんでしたが、壁画は、中々の物でした。
ただ、保存状態があまり良くないのが残念でした。









15時半前に出発し、15時半にハイドラ・アリ(王子)の墓に到着。













16時20分に出発。砦の中を通って、ハイドラ・アリが暗殺された場所を通って、マイソールの宿に着いたのが、17時半ころ。

チックインして、19時まで休憩。

ホテルのサイト
http://www.paihotels.com/















『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新体道入門講習会のおしらせ | トップ | 第5回アジアエスペラント大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エスペラント(Esperanto)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。