Hodiauxa Lignponto

トランペットと天真体道とエスペラントを楽しむLignpontoのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

横浜トリエンナーレ2005

2005-12-14 23:59:20 | 美術(Art)


みなさん、こんにちは。
今日は、山下埠頭で行われている「横浜トリエンナーレ2005」に行って来ました。
本会場に着く前に中華街の公園にある特設ホテルに行って来ました。
こちらは、入場料が無料で、一名だけ泊まれるそうです。(予約終了)
こちらが内部です。(↓)





さて、入り口(↑)を過ぎて、本会場まで無料バスがありますが、天気が良いので本会場まで歩きました。

全体を観た感じは、色々な作品があったので、私が観て面白いとか何か感じた作品だけ書いておきます。

まず、3Aゾーンでは、60番のタニシKのビデオアートです。
これは、地下鉄や列車で、スッチュワーですの格好をした男性が、スッチーさながらのサービスをしたものです。日本以外にもソウルとバルセロナの作品がありました。
私は、バルセロナのL2の地下鉄の作品を観ましたが、バルセロナの人達は、好意的に見えました。

3Bゾーンでは、69番の屋代敏弘の「回展回」が面白かったです。この作品は、会場全体にいたるところにあり、動かない回転体と携帯電話を使った動く回転体があります。
私には、ユーモラスに見えました。

次は、18番のジャコブ・ゴーデル&ジャソン・カラインドロスの作品です。
これは、静寂になると小さなライトが点く作品です。
西洋では、静寂になると天使が通り過ぎたというらしく、そこからこの作品が生まれたらしいです。私たちの生活にも静寂は、無いですよね。

そして、40番の奈良美智+grafの作品です。
奈良さんの作品は、初めて観ましたが、作品の少女は、美人でもかわいくないのですが、どこか魅力的で、ユーモラスな感じがします。



休憩を取った時の山下埠頭から見たみなとみらいです。(↑)

会場の3号倉庫と4号倉庫の間の中庭も作品があります。
26番の岩井成明の公衆電話を使った作品です。
これは、受信だけなんですが、いろいろな人が話かけてきます。
私が聞いたのは、母親が子どもの事を心配した電話でした。

4Bに行きましょう。
67番のヴォルフガング・ヴィンター&ベルトルト・ホルベルトの作品は、ブランコです。
会場内が暗く、ブランコ自体にもあかりがあります。
なんか夜の公園で、ブランコに乗ったような感じです。

そして、最後の4Cです。
こちらは、55番のサイン・ウェーブ・オーケストラです。
色々なサイン波を使ってのオーケストラです。
まぁただのノイズと言えばそれまでなんですが、興味深かったです。

これだけ観て周って、3時間半です。
ビデオアートは、少ししか観ませんでした。
現代美術は、ビデオアートが多いですが、このような展示には、ちょっと厳しいかなぁ~と思いました。ビデオアートて、時間がかかりすぎるんですよね。そこだけ残念!!



帰りは、無料バスで、入り口まで戻りました。
こちらの写真(↑)も作品です。
コンテナを組み立てたのが、ルック・デルーの「スパイバンク」。
マリンタワーにもマリア・ローゼンが作品を作ったらしいけど、諸般の事情で中止になりました。

こちらが今回のサイトです。
http://www.yokohama2005.jp/

次回の開催は、3年後。
次回は、ただ観るだけでなく、ボランティアで参加するのも面白そうだと思いました!!

今日の食事

朝食:無し。
昼食:焼きソバ。
夕食:雑穀米、油揚げの味噌汁、キムチ、鶏肉のソテー、じゃが芋のオリーブオイル焼き、温野菜(人参、ブロッコリー)、黒みつきな粉寒天。
間食:豚マン。

今日の気になるニュースは、休みます。

今日の天気最高気温9.7℃。最低気温0.9℃。湿度37%。

それでは、また明日。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lignpontoの雲日記(その2 ... | トップ | トランペットのレッスン 0... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
横浜トリエンナーレ (pernod720)
2005-12-16 00:15:53
こんばんは。私も11月末に行ってきました。

あたしが気に入ったのは59番の高松次郎の作品でした。

暗闇の中で上から映像とオブジェを眺める物で、

シャンソンか何かの歌が流れていたんですけど、

観ていてとても楽しかったです。



67番のブランコも幻想的でキレイでしたね。



中庭でのアニメ上映も少し観たのですが、

寒くて耐えられず途中で断念しました
Unknown (pernodさんへ)
2005-12-16 17:03:54
59番ですか。

「鹿児島エスペラント」と言う作品ですね。

エスペラントと題しているので、何か関係あるのかと思いましたが、私には、わかりませんでした。



私が行った時は、残念ながらアニメはやっていませんでした。



けど、丁度パフォーマンスはやっていました。
行ってきましたねー! (hide3190ymo)
2005-12-16 23:08:42
こんばんは。ついにトリエンナーレ行ってきましたネ。私もバスを使わず会場まで歩きました。ここから大桟橋ターミナル越しに見える、みなとみらい21が、ダイナミックですよねー。
Unknown (hideさんへ)
2005-12-16 23:23:38
行って来ましたよー!!



TBありがとうございます。こちらからも張らせて貰います。



初体験だったんですが、一回しか行かないのは、もったいないような気がします。



次回は、何回か通いたいですね!!
Unknown (mayaram)
2005-12-19 21:14:55
TBありがとうございます。

美術館でのビデオアートの展示の難点、ということは私もすごく思いました。映画館で同じことをやれば、より多くの人に余すところなく、観てもらえるのに、残念だなあと。



では、これからもよろしくお願いします^^
Unknown (mayaramさんへ)
2005-12-19 21:41:08
コメントありがとうございます。



ビデオアートの難点は、もったいないような気もするんですけどね・・・・。



その点は、製作者や展示する方にも考えてもらいたいですよね。



こちらこそこれからもよろしくお願いします。
Unknown (さる・るるる)
2005-12-19 22:01:51
TBありがとうございました。

私の職場は中華街の近くなのですが

ヴィラ會芳亭、内部を見ぬまま終了してしまいました…。

こうなっていたのですね。

泊まりたかったです。

そしてここから出勤するわけです。(笑)
Unknown (さる・るるるさんへ)
2005-12-19 22:12:14
コメントありがとうございます。



中華街の近くで働いていられるのなら泊まりたかったですよね。

残念でしたね。



よろしかったらこれを機会によろしくお願いします。
Unknown (まいさま)
2005-12-19 23:20:12
TBどうもです。



私もビデオアートについては全く同感です。

多くの作家が趣向も様々に、広い敷地で作品を展示する際に、空間を区切ってビデオを鑑賞させる仕掛けは不向きなのではないかと思います。



ヴィラ會芳亭の場所が今ひとつわからなかったんですが、せっかくなので探せばよかったかと少し後悔しています。
Unknown (まいさまへ)
2005-12-20 02:26:51
コメントとTBありがとうございます。



やはりビデオアートは、今後の課題になるかもしれませんね。



ヴィラ會芳亭は、中華街の中にありました。



よろしかったらこれを機会によろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術(Art)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

横浜トリエンナーレ (Sound and vision of Hide)
今日は、リフレッシュのため、午後半休をして、横浜トリエンナーレに行ってきました。 場所は山下ふ頭の3号、4号上屋です。12月18日まで開催しています。上の写真のベイブリッジの下に小さくに見える2つの倉庫が、会場です。大さん橋ターミナルから撮影しようと思い
最終日なので。 (M\'s Diary)
 11時過ぎに仕事が終わって、山下公園へ。 横浜トリエンナーレ、今日が最終日なんですよね。 この前のイサム・ノグチ展も最終日… ギリギリにならないと動かないのは仕様なので、半ば諦めてますが。 しかし…今日も考え込んだ状態で行ってしまいましたよ… 頭空っぽの状
12/22 トリエンナーレ作戦会議V <市民シンポジウム>開催! (横浜シティアートネットワーク-YCAN-)
トリエンナーレ作戦会議V <市民シンポジウム> どうする!?「シティアート」の今後 〓ヨコトリ05から08へ向けての展望を語る〓 開幕前からさまざまな話題を...
横浜トリエンナーレ (お金で虹が架かる空)
会期終了間近だったので、土曜日に横浜トリエンナーレへ行きました。 山下埠頭があんなに広大な敷地を有するものとは。 -- そんな訳で滑り込んできました横浜トリエンナーレ。根岸
「横浜トリエンナーレ2005」 (弐代目・青い日記帳)
横浜市山下ふ頭3号、4号上屋他で開催されている。 「横浜トリエンナーレ2005 アートサーカス〔日常からの跳躍〕」に 行って来ました。 最初にまずこれだけは。「川俣正さんご苦労さまでした。」 川俣さんなくしてこの横トリ(ハマトリ)は存在しなかったでしょう。