Hodiauxa Lignponto

トランペットと天真体道とエスペラントを楽しむLignpontoのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゼロ年代のベルリン展

2012-01-03 19:30:05 | 美術(Art)
木場の東京都現代美術館に「ゼロ年代のベルリン展」を観てきました。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/128/

ベルリンには、弟家族が住んでいて、過去に三度行った事がありますので、御縁のある土地なので。

率直な感想は、イマイチピンときませんでした。

ベルリンは、壁の崩壊後、世界中から芸術家が集まっている土地で、今回の展示もその中からの選りすぐりの芸術家を選んだと思われますが・・・。

なんか意識の上で、表層だけの作品の印象を受けました。

確かに移民とか社会問題もあると思いますが・・・。

ただ、今、日本にいる私とあっていないのかもしれません。

むしろ現在金融危機の状態にある欧州で、その結果しだいで、どのような作品を出てくるかに興味があると言ってもいいかもしれません。

全体的に映像の作品が多く、思ったよりも時間がかかりました。

映像で表現するのが今の主流なのでしょうか?

そのうちタブレット端末を使った作品が出てきても良いかもしれないと思いました。

芸術も社会や経済や科学技術と関係がありますから。

できれば近い将来に再度ベルリンを訪れたいです!!

今日の食事
朝食:無し。
昼食:おにぎり三種。
夕食:雑煮、お節料理、ホタテガイの刺身、ホウレン草のおひたし、蒸しブロッコリー。
夜食:ウイスキー、アーモンド。

今日の天気最高気温10.9℃。最低気温2.8℃。湿度24%。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沸騰したやかん! | トップ | 冬休み終了! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術(Art)」カテゴリの最新記事