本来の「私」に目覚めるために・・・

愛とは ひとつであること
一なるもの 愛という源へと帰還するために私は分離という錯覚にとらわれた心を癒す旅に出た・・・

闇の契約を抹消する宣誓文 その2

2017-05-13 13:00:24 | COBRA(コブラ)

「私は、本当の自分として、自分の聖なる魂の存在として、次元上昇した全ての光の存在の名において、銀河連合の名において、ソースの名において、過去、現在、未来において、闇の勢力と私の存在のいかなる部分との間に結ばれた契約も合意も無効とし、それらすべてを解消することをここで命じます。いま、これらの契約と合意、さらにそれらがもたらした影響も、私の現実から完全に消去されました。私はいま自由になりました。私の全存在のあらゆるカルマはこれで消去されました。

私は今から自由になり、永遠に自立した光の存在であり続けます。
そうなりますように、そうありますように」

光に包まれて、ここにて署名致します。
署名: _____________________________________________

前回、闇の契約の解除について、見てきました。今回は、その続きです。

この星を解放させないために、闇の勢力は、転生する人々に、この星の隔離状態を維持するため、あらゆる契約を強いてきた可能性があります。

闇側の体制を維持するための片棒を担ぐ代わりに、地位や名誉やなどの報酬を受け取るという内容もあったかもしれません。

とにかく、この星にはあらゆる仕掛けが施されて、張りぼての大掛かりな虚構の世界が出来上がりました。
イベントが起きるまでは、大掛かりな虚構の世界という茶番が普段通りに続けられていくのです。

前回、魂の片割れさんと ひとつ になったら、いったい どうなるんでしょうね、というところまでお話しました。

アルコンのプログラムの一つは、ツインソウル同士が出会わないようにすることです。

だから、この地表では、魂の片割れさんと出逢わないんです。

何度も申し上げますが、ツインソウルとの結び付きが、宇宙で最強のフォースなんです。

魂の片割れさんとの結びつきが、この宇宙でもっとも強いエネルギーなんです。

闇の勢力が、もっとも恐れるのは、この最強の力を使われることなんです。

闇の勢力は、このエネルギーを使わせたくないんです。この力に気付いてほしくないんです。

だから、闇の勢力は、ツインソウルが出逢うことを恐れ、絶対に出逢わせないようにプログラミングしてきたんです。

ひとつになられたら困るからです。

しかし、プログラミングを解除したらどうなるでしょうか?


ツインフレームが決して出会わない理由の一つは、アルコンが環境をいじっているためである。主力のアルコンはすでに排除されたため、ツインソウルが一緒になりやすくなっている。ツインソウルに出会ったために亡くなった人もいる。準備をしておく必要がある。ツインソウルに出会って、酷い死に方をする人がいる。ツインソールとの出会いは肉体に大きな負担をかけるため、完全に準備していなければならない。
地球の歴史~コブラ・カンファレンス・ノート2012

準備ができていないと肉体に大きな負担をかけるため死ぬ場合もあるようです。
以前に書いた記事のように、準備というのは、自分自身をマスターするということです。

自分自身をマスターするとは、自分自身の内なる男性性と女性性の統合を果たすことも含まれています。


しかし、逆に言うと、準備ができた者は、魂の片割れさんと出逢う可能性があるということです。

今現在、闇の契約の解除をして、内なる男性性と女性性の統合を果たした者は、ツインソウルと出逢う可能性があります。

そして、地球解放のためのこの時期に、高次の存在たちが、地球を解放するために、可能性のあるふたりのために出逢うためのお膳立てをしてくれているとしたら・・・


そしてもし、魂の片割れさんと出逢ったふたりが、ひとつになり、力を合わせて、プロジェクトペガサスを試みたとしたら・・・



あなたがたが二つを一つにするなら、そして内側を外側と、外側を内側と、上を下と同じようにし、男性と女性を一つにするなら、男性は男性でなく女性は女性でなくなるだろう。・・・・そのとき、あなたがたは王国に入るだろう。
トマスによる福音書


この私たちの母なる地球は、愛と光に溢れた平和な星となります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇の契約を抹消する宣誓文 | トップ | ソウルスターメイト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL