YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

クラッチケーブルの互換性

2017年07月15日 | YB125SP整備

YB125SPにYBR系のクラッチケーブルが流用可能なのか
検証してみたよ。
YBRのケーブルを予備に在庫してあるので、いつか役立つだろうと。

長さを比較してみた。

同じです。

エンジン側を比較。

YBはナット固定式だけど、YBR系は差し込み式。
YBの純正状態はこんな感じ。

ナットで挟み込んで固定している。

YBR用ケーブルを当ててみた。

差し込み部分が9.8mmで、ホルダー幅9.0mmと合わず、はめ込
め無い事が分かった。

ケーブル先端をヤスリで削ればハメられるはず。

上下を平らに削って8.8mm程度にすればYB125SPにYBR系の
クラッチケーブルは流用できる事が分かった。
ナット止めでないから、グラつきが気になるなら針金かタイラップ
でホルダーに固定すれば良い。

ここでさらに確認。

実はYBR系のホルダーを隠し持ってるのだ。w
察するにYB側の幅を広げれば良いと思うけれど、やりにくい場所
だからケーブル側を削った方が楽だろうな。

と言う事でYB用を元に戻すついでにワイヤーインジェクターで
注油しておく。

インジェクターは便利だけど漏れも起きるので、あまり優秀な
治具では無いと思う。無いよりマシ。

ついでにホルダーをYBR用に付け替えてからYBのケーブルを
付けてみた。

これでも固定できた。

・YBRとYBのクラッチケーブルは完全互換では無いが長さは同じ。
・YBRケーブルを削るかYBRホルダーに換装すればYBにYBRケーブル
 は使える。
・YBR系にYB125SPのケーブルはそのまま使えるので、ナット固定
 によるクラッチ操作の感触は向上する。

こんな結果だったよ。

実はとあるブログでYB125SPオーナーさんのクラッチケーブルが
切れて、お店に注文したら2ヶ月くらい待たされそうになったらしく、
イヤになって別車種へ乗り換えてしまった話を見かけたので、YBR
用は流用できるのか検証してみたかったのだ。

結果的に「工夫すればポン付け」であった。

ホルダーをYBR用に変えればオークションや通販で入手しやすい
YBR用クラッチケーブルを無加工で使えるからYB125SPオーナー
には朗報かも。

とにかく暑い一日だったよ。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼んできた | トップ | 催促画面が出た »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む