YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

カムチェーンテンショナーの固定治具

2017年06月16日 | YB&YBR関係雑記

またまた別件でYB/YBR系やXTZ、YX、TT-R125系共通エンジンの
カムチェーンテンショナーを入手した。
TT-R125用を国内で買うと約7000円もするのでYBR用を他の部品
と一緒に輸入した。約20元

実はテンショナー部品より興味があったのは矢印の謎の部品。

カムチェーンテンショナーをエンジンに組み付ける時に、押出
ロッドを一時的に縮めてあげないと付けられない。
普通は細いマイナスドライバーで行うけれど、これだと片手が
塞がってボルト2本を締めるのが大変やりにくい。

で、謎の部品は治具なのだ。

中の溝に差し込んでから右回転で回すとロッドが引っ込む。

適当に引っ込んだら治具を表面の溝に差し込むと一時的に固定
される。

これで両手が自由になるから、後はパーツカタログ通りに各部品
を組んで、テンショナーを固定したら治具を抜く
これでロッドが内部のバネの力で勝手に適正値にセットされる。
オートテンショナーだから細かい調整の必要は無いし、確認のため
なら治具かドライバーでもう一度2回転くらい締めてから開放すれば
よい。

さて、欲しかったのは治具の寸法。

1mm厚の鉄板か適当な金具でも切り出して削って作れば、カム
チェーンテンショナーの脱着時に苦労する事がなくなるだろう。

俺のYBはまだまだ大丈夫なんだけど、距離を走った個体でタペット
隙間を調整しても音が大きい時に、カムチェーンテンショナーの
不具合や劣化が原因の場合ある。
セロー225やYBR250他でこのような事例があり、テンショナーを
交換したらウソのように静かになって直った報告を見かける。
バイク屋さんのブログでも、合わせてカムチェーンを交換して
リフレッシュさせている記事を見かけた。

出番は少ないけれど暇な時に治具を作っておくと、カムシャフト交換
やボアアップの時にきっと役立つだろう。

ジャンル:
購入
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自作ベアリングプーラー | トップ | サイドスタンドのワイドアダ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む