YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

旅立ちなのだ

2016年10月29日 | YB&YBR関係雑記

朝からYBR号に施工していた改造部品の残りを外して
ほぼノーマル状態に戻してた。
そして知人がやってきて開口一番「なんだ綺麗じゃんw」。
ぼろいバイクばかりレストアしていた彼にとっては、分解
清掃やさび落としをしなければならない次元と違って、
現役で動かしつつ整備しつづけた我がYBR号は普通の状態
らしい。
さっそく試乗してきて話は決まった。

YBR号は新しいオーナーと共に旅立って行ったのだ。
俺は過去に複数台所有した経験があるけれど、似たような用途や
排気量だとどうしてもどれか一台に偏って運用し、結局他が不動車
気味になってしまって所有している意味が無くなる。
バイクとは単に所有したり飾るだけじゃ生まれて来た意味が無い。
動かして初めてバイクという乗り物になるんだと思う。
だから、今回の話はYBR号にとって幸せな第二のバイク生になる
と信じて見送ったよ。

午後から急きょ、SP号のリアサスを手持ちのYSS 360mmに
付け替えてみた。

前後のバランスがとれた感じで切り返しの挙動が軽くなったし、
最低地上高が約20mm上がるので、越野天俊化がまた一歩進んだ。
ただし、サイドスタンド駐輪の傾きがさらにひどくなった。
G型サイドスタンドに交換したよ。

これでやっと普通の傾きになった。

さて、SP号の今後はYBRから外したエンジンガードの取付やら
電装系の強化改造など、細かい部分が残ってるだけ。
ノンビリやって行くよ。

ジャンル:
その他
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然なのだ | トップ | 寒いけど乗る »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感。 (こひきあ)
2016-10-29 14:56:21
こんにちは。
確かに同じような種類のバイクが2台、というのはどちらかに偏りますよね。
わたしもかなり以前250ccのスクーターを2台持ちしていましたが、3ヶ月程度で古いほうの1台を手放しました。改造とか何にもしていないので、かなりの高値で友人が引き取ってくれました。
その後、250のスクーターと400のスクーターも1ヶ月ほどかぶった時期がありました。
置いておくスペースの問題とかがなくっても、普段使いはどっちかになってしまいますね。
ことさらハードに興味が湧かなくって流れで今のYBRになりましたけど、いろいろアタッチメント的な小改造が結構楽しめるものなんだと気づかされて面白がっています。
今、エンジンガードに巨大LED懐中電灯を括り付ける工夫をしてみるところです。
トンネルの暗闇がどうも苦手で、奥秩父の八丁峠界隈に出かける時のためだけの対策です。反射板が洞内の壁にあれば扶養なんですけど、巣彫りみたいな感じのトンネルが暗いのなんのって。
Unknown (miggy)
2016-10-29 17:18:40
さらばYBR!万感の思いを込めて

来週から「YBダイアリー」が始まるよ!
楽しみにしますね
ブログタイトル (雷太)
2016-10-29 18:03:33
YB購入の発表と同時にブログタイトルを変えてあったのだw
YBR関係のネタは仕入れしだい書く予定なので、カテゴリーもそのままです。
YBRとYBに違いは多いけれど被るものも多いので、なにかの形で情報共有できると思っています。(*'ω'*)
初めてコメントします。 (やきとり)
2016-10-31 00:29:22
こんばんわ、初めまして。
私がこのブログにたどり着いたのも、1年ちょっと前、「免許取ったら今は乗ってないYBR125あげるよ」って友達に言われて教習所に通いだした頃、どんなバイクやねん!って調べるのにたどり着いてから覗いてました。
主に整備関係、フロントフォーク関係の記事では特にお世話になってました。この間も右側のフォークがオイル漏れしたので、記事をスマホで見ながらオイルシール交換しました。
ボトムボルトがインパクトでも供回りし、結局600mmのエクステンションバー買う羽目になりましたが(笑)
YBRも新しい人のところで元気に走り続けてくれるといいですね!
これからもなにか有益な情報を出していただけることを期待して覗いていこうと思っています。
よろしくお願いします!
Unknown (雷太)
2016-10-31 01:14:27
お初です。
オイルシール交換の役に立ててよかったです。
私は手持ちの短いエクステンションを4本繋げてどうにか回す技も使う事がありますが、
そんな時に長いのを1本あった方が便利だと痛感してますから、無駄にならないでしょう。
他のバイクでも使えるので良い判断だと思います。
また、供回り対策に登山用やご老人用のステッキで押し付ける技もあるようです。
わずかな抵抗で固定される場合があるとの事なので、この方法も覚えておくと良いでしょう。

ぜひご自身でもブログなどで情報を発信してください。
苦労の末の成功例、失敗例は極めて貴重です。
私と違った視点の情報も皆さんの役に立つと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む