Life is good!

犬とgolfとHawaiiが好きな主婦の気ままな日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雷とサンダーシャツとシーザーミラン

2013-06-16 18:33:53 | ホリスティックケアや犬グッズの話
約11か月ぶりのブログ更新です。
最近はSNSが主で、うまく使い分けられていないのが現状です
でも細々とブログも続けようかなぁと

さて、梅雨に入って暑くなり熱中症が心配ですが、雷が苦手なワンコにはこちらも心配
KONAは何度もブログで紹介してるとおり、音響シャイなので雷はもちろんダメだし、音に対してそんなに敏感でないLANIも雷はダメダメです。
むしろKONAはハウスか狭くて暗い自分の落ち着ける場所を見つけると、そこでひたすら身を隠すことで乗り切れますが、LANIは雷がなっている間中ブルブル震えてパンティングして辛そうです。

が、先日の雷の時、LANIは最初こそ震えていましたが、すぐに落ち着いてご飯も食べ寝ていたのです。多分その落ち着きをもたらしたものはこれです↓


術後ずっと傷舐め防止で着用していたぴったりフィットの服



雷や分離不安、無駄吠えなど不安からくる犬の問題行動に効くとされるサンダーシャツ。
KONAが着ているのがそうです↓




これは適度な圧力で犬の体を包みこむシャツタイプのボディーラップです。
ボディーラップとはTタッチのテクニックの一つで、ボディ・ラップすることによって犬に自分自身の体への意識を持たせることができ、動きや行動に自信が持てるようになるらしいのです。結果として雷、花火などへの恐怖心、人見知り、車酔い、興奮など犬が感じる様々なストレスを軽減する効果が得られるというものです。
サンダーシャツについて詳しく知りたい方は→こちら


でもこれを着せたからすぐに雷がへっちゃらになるかと言うと、そうとも言えず。(劇的に変化する子もいるのかもしれませんが。)
このサンダーシャツの効果的な使用方法について私の大好きなシーザーミランが自身のサイトで語っていましたのでご紹介します。
シーザーのサイト(英語版)
→なんと日本語訳をしてくださっている方のブログもありましたのでリンクさせていただきます。


要は、雷が鳴ってから慌てて着せても「雷=サンダーシャツ」という悪いイメージが付き、効果が得られない。犬が散歩で運動した後などリラックス状態の時に着せて「リラックス=サンダーシャツ」という良いイメーじが付くと、いざ雷が鳴った時にボディラップの効果を発するという訳です。

LANIは術後から雷が鳴るまでの8日間ほど、ずっとあのぴったりフィットの服を着ていました。かなりきつめの服なので、ボディラップの効果があったと思います。散歩へ行くときは汚れるので脱がしていましたが、帰ってきたらすぐに着せ家でリラックスしている間はずっと着ていました。
なので、先日の雷の時、いつもより落ち着いていられたんじゃないかなぁと思います。

雷や車酔いするワンちゃんは参考にしてみてください~
Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加