パラス ダイアリー 日本/Japan

日本・沖縄に関して、様々な方面から知ったこと感じたこと。タロット占いや英文の使用あり。更新は気ままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【甘利献金疑惑】薩摩興業、千葉の県有地で不法占拠&国交省の嘘を暴け!URは「役人のパラダイス」

2016-01-26 17:30:51 | 政治・外交

【甘利献金疑惑】怪しい薩摩興業、

千葉の県有地で不法占拠していたことが判明!

→FNNなぜか記事を削除

1

【政治】甘利大臣現金授受報道 建設会社が県有地を不法占拠

甘利経済再生担当相が、土地をめぐるトラブル解決のため、建設会社から現金を受け取ったと報じられた問題で、 この土地の一部は、もともと千葉県のもので、建設会社が不法占拠していたことが、新たにわかった。

この問題は、先週発売の「週刊文春」で、千葉・白井市の建設会社が、周辺の道路工事で建物や土地に損害が出たと主張し、 UR(都市再生機構)に補償を求めた交渉の中で、甘利経済再生相側に、解決の見返りとして現金を提供したなどと報じられたもの。
この建設会社は、県が所有する土地を不法占拠していたということで、千葉県が2007年、明け渡しを求める通知書を出していた。

FNNが入手した、建設会社宛てに千葉県が出した通知書。
千葉県によると、県が道路建設のため取得した土地を、建設会社が不法占拠して、建物を建てていたため、 2007年に土地を明け渡すよう求めたということで、数年間の交渉を経て、現在、建物は撤去されている。
甘利経済再生相は、25日夕方に会見し、今週中に説明責任を果たすと述べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160126-00000574-fnn-pol

FNN早いですね↓
記事がありません。すでに削除された可能性があります。

 

【甘利献金疑惑】国交省の嘘を暴け!

口利きしたURは「役人のパラダイス」 

自民党も民主党も欺いた国交省

甘利大臣が口利きしたURは「役人のパラダイス」! 国交省はこんなウソで民営化を避けてきた

甘利氏が辞任するかどうかが問題になっているが、もし、UR政府関係法人でなかったなら、甘利事務所も口利きをできなかっただろうと考えると、なんとも残念である。今回問題になっているあっせん利得処罰法違反では、URのような政府関係法人は、口利きの対象として明確に規定されているからだ。

これまで何度も「URの民営化」は検討されていた。自民党政権ではもちろんのこと、民主党政権時代にも、だ。しかし、そのたびにURはしぶとく生き延びてきた。この意味で、行革に熱心に取り組んできた甘利氏も無念だろう。

そもそもURとはどのような組織か。独立行政法人という名を冠している政府の99.8%子会社である(0.2%は地方自治体)が、その性格は役員構成をみればよくわかるhttp://www.ur-net.go.jp/aboutus/yakuin.html)。

 

理事長は上西郁夫氏
民間出身となっているが、副理事長には元国土交通省国土政策局長の花岡洋文氏が役員出向で入っている。
また、理事長ポストは代々、旧建設省の次官クラスの天下り先になっていた。

さらに、理事長、理事10名のうち半分の5名が役人の役員出向である。役員出向は民主党政権になってお墨付きを得たもので、国家公務員のまま出向という位置づけだから、「天下りではない」との屁理屈になる。

本来はURの経営責任を担うべき役員なのに、本籍を国交省に残したままの出向とは奇妙ではないか。「国交省の植民地政策ですか」(本音はそうだ)と皮肉りたくなる。

役員出向は役人のままURに出向するのであるから、URは役所そのものといってもいい。だから、政治家やその秘書が口利きをしやすくなるのだ。民営化されていれば、というのはそういう意味である。

URは「役人のパラダイス」だった

URの歴史をみると、81年に住宅・都市整備公団、99年に都市基盤整備公団、04年に都市再生機構と看板を替えてしぶとく生き残ってきた。またURは、経営陣が事業失敗の責任もとらずにパラダイスを謳歌してきたことでも悪名高い。

2000年代の初めにURはニュータウン事業に失敗、9000億円の赤字を出したことがある。驚くことに、当時の財政投融資特別会計にあった「埋蔵金」で密かに穴埋めが行われた。金融テクニックを駆使したうえ、人事上の目立った処分もなかったので、マスコミにも騒がれずに、密かに危機を切り抜けたのだ。

URは都心一等地に高額賃貸マンションを所有しており、国の事業として必要なのかどうかという批判が根強い。何度も民営化が検討されてきたが、そのたびに上手くかわしてきた。

民主党時代の2010年4月の事業仕分け第二弾でも「市場家賃部門は民間に移行」となり、具体的には賃貸住宅や関連施設の維持・管理などを行う賃貸住宅事業について、高齢者・低所得者向け住宅は自治体または国へ、一般の市場家賃部門の住宅は民間へ売却するとの結論が出された。

しかし、その後、URには巨額な借金があるから民営化はできないという理由で、国交省は抵抗した。かくして2010年10月の事業仕分け第三弾では、議論の対象から外され、国交省の方針がそのまま政府の方針になったのだ。結果として官僚たちの大勝利だ。

ただし、こうした官僚の粘り腰でURが生き残ったのは、自民党政権下でも同じだ。2007年の福田政権でも、URは民営化寸前まで押し込まれたが、それを跳ね返している。

ここでもウソをつく役人たち

国交省の使う手口はいつも同じである。「借金がある」というのだ。だが、この説明はおかしい。URの16年度末バランスシート(貸借対照表)をみれば、12兆8000億円の負債に対し資産が13兆8000億円もあって資産超過なのだ。負債だけ強調して資産をいわないのはフェアではない。

ここまで読めば、昨年筆者が書き、今でも読まれている「「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか…なんと2016年、財政再建は実質完了してしまう! この国のバランスシートを徹底分析」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47156)とまったく同じ構造であることがわかるだろう。

借金1000兆円で増税が必要と国民に思わせて、裏では官僚がしっかり資産を抱え込んで離さない。資産の多くは天下り先である独立行政法人などへの貸付金や出資金で、天下り先への事実上の資金提供なのだ。だが、絶対に手を触れさせまいと借金だけ強調する。

そして、民営化できないというが、その真の意味は「民営化したくない」である。ここは、官僚任せではなく、実は政治家が判断すべきものだ。

バランスシートを見ても、民営化の可否はある程度判定できるが、実は民営化の判定に有効なツールとして、財務省が公表している「政策コスト分析」というツールもある。私が旧大蔵省理財局時代に米行政管理予算局のPolicy Cost Analysisを参考にして導入したものだ。

これはキャッシュフロー分析で時価評価のバランスシートを作る作業に似たものだ。試算されている数字の意味をいえば、結果がプラスなら税金投入が必要だが、マイナスになると逆に税金投入なしで儲かって事業ができる可能性があるということになる。

2015年度の財務省の政策コスト分析結果はマイナス3兆2000億円で、民営化可能と示唆されている。この結果は、国交省が言うように高齢者向けに政策的な住宅供給を続けたとしても、高家賃の賃貸住宅事業でそのコストを補って余りあるのだ。

政局もいいが、これを機会に民営化を

URの負債12兆8000億円のうち12兆円は出資金と財投からの借入金、つまり国からみれば資産なのだ。URを民営化すると、国の借金12兆円と国の出資・貸付金12兆円は両落ちになって、国の借金は帳消しになる。なので政府関係法人の民営化は財政健全化に欠かせないのだが、官僚は天下り先を失うので猛反対する。

しかも、民営化すれば、民間活力のアップで成長戦略にもなる。なにより、今回のような、政治家の口利きを未然に防止することにもつながる。

週明け、国会は甘利氏の口利き問題で、辞任の大合唱になるだろう。2月4日、ニュージーランドで開かれるTPP交渉調印式に甘利氏が出席するという情報もあるが、出席するなら、「花道」となるだろう。なにしろ閣僚の外遊は国会マターであるので、外遊後の段取りができてからでないと無理だからだ。

ただ、そうした政局ではなく、冷静に政策を語りたい筆者としては、この機会に、URを含めた政府関係法人の民営化を断行し、財政健全化、成長戦略、政治家の不正予防、官僚の天下り根絶という、「一石四鳥」をやってはどうだろうか。民営化に反対する政治家は、ひょっとして「口利き」を続けたいからではないか、と国民は考えるべきだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47542

 

 

 

URの無駄な発注は酷いものですよ!
耐震工事をする時に、業者が幾つも入るのに個別で足場を組ませる
足場が高のに回数を増やすことは、いずれ家賃に跳ね返える
工程や効率より無駄を重視することで不可能になった工程まであった

 

口利きしたのは「確定」なの? 今回の件、TPPでの逆恨みによるはめ込み臭いのですが。もしくは安倍政権攻撃のための強引なでっち上げ臭い。主犯企業が自ら自白や証拠保全も不可解なら、それを不可解とも思わず主犯企業を匿名報道でかばうマスコミも不可解。

 

国交省の重要な天下り先が故に独立行政法人を固守してきたURは、厚労省の年金・介護と同様不正の巣だろう!官僚は強大!!

 

ここでもウソをつく役人たち←長年大臣が創価だから、創価脳になっちゃった?

 

甘利の問題はUR都市再生機構という税金の無駄と天下りの温床が引き起こしたものでもある。この国は「官僚パラダイス」官僚による官僚の為の政治

 

国交省の植民地。役人だけが良い思いするための組織。つぶせよ

 

転載元:テレビじゃ流さないニュース

【関連】

【創価学会】創価大学と中国共産党の強い繋がり[交換留学生制度]創価卒の官僚が多いのは外務省、国交省、厚労省 

甘利大臣に賄賂を渡した建設会社に関する と ん で も な い 新事実が発覚!!! 在日側に特大ブーメラン炸裂クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www - 中国・韓国・在日崩壊ニュース

 

 

◎外務省・国交省は、学会員の巣窟!? 創価学会は、在日朝鮮人だらけのカルト。 カルト信者が官僚になって国民の税金を貪りつくしている。 こんな天下り団体は、さっさと民営化して欲しい。 

甘利大臣の問題をきっかけに、国民の方からURの解体や民営化に、声を挙げた方がいいかもしれませんね・・・

 

皆さん、官邸メールは忘れずに、コツコツと続けましょう 

 「官邸メール」がワンクリックで送信できるサイト
全ての官邸メールを送ったり、家族の分も送れるので便利です。 
 

余命3年時事日記ミラーサイト

↑「官邸メール」がワンクリックで送れます。

全ての官邸メール、または日付と下一桁が同じ官邸メールを、
たったワンクリックですべて送ることができます。

 
みなさんもブックマークして、毎日官邸メールを送りましょう。

  

*          *          *

 

■御知らせ■
真実を求める宜野湾市民の会から第4弾の啓蒙ビラが発行されました

以下のURLからプリントアウト可能です

また、支援をお願いするゆうちょ銀行口座の情報もアップされています

拡散宜しくお願い致します

 
真実を求める宜野湾市民の会

 

翁長知事のリコールによる解任の呼びかけ

こちらより ⇒ 狼魔人日記

   

          *          *          *          *

  

=控訴のため=

 那覇市長(現沖縄県知事)を相手に

 民主訴訟2件提訴

 孔子廟設置と委託管理費(龍柱訴訟も

 よろしければ、支援お願いします ↓↓↓

 翁長市政を糺す│ホーム

 

 

=竹島(Takeshima/dokdo)= 

【Korean Version】 

 

 【日本語版】

【English Version】

 

 

          *           *           *

「朝日・グレンデール訴訟」の支援にご協力を!

 

 

=尖閣諸島= 

【中文版】

 

 

【日本語版】

 

【English Version】

 
 

オカルト ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへにほんブログ村

『事件』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【拡散】シムラ候補と翁長知事の... | TOP | 【在日犯罪】保険証詐取容疑、韓... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。