幸せな結婚を考える

結婚相談、結納、式場選び、エンゲージリング
など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウェルカムボードの通販

2016-07-29 07:50:07 | 生活方法


ウェルカムボードは通販で購入する事ができます。
インターネットで見つける事ができるウェルカムボードは、似顔絵を描くことを専門にしたお店や、二人の写真を使ってコラージュした作品や写真を映画のポスターのように仕上げてくれるような二人が描かれ式に来てくれたゲストに目で見てスグ分かるようなウェルカムボードを「プロや専門家が作成してくれる」お店もあります。

ウェルカムボードは手作りも人気があります。
最初から全部自分で材料をそろえて作るという方法もありますし、手があまり器用で無い場合も、通販で手に入れる事ができる、クロスステッチでの刺繍やプリザーブドフラワーを使ったり、造花を使った様々なウェルカムボードの手作りキットを通販で購入する事で初心者でもステキなウェルカムボードを作成する事ができます。

既製品の場合はイタリアンタイルを使用したものや、ミラータイプや時計タイプといったウェルカムボードもあり、後日、家の表札や玄関の飾りとして使える実用性のあるウェルカムボードもあります。
ウェルカムボードの通販


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブライダルネイルのデザイン

2016-07-22 07:50:03 | 生活方法


ブライダルネイルのデザインにはダイヤモンドを使ったものやバラを使ったものがあります。
いざというときには「してみたいデザイン」は悩むものですがサロンでも提案してもらえます。
色をホワイトをベースにしたネイルや、ピンクがベースになったネイルに、パールやラインストーン、スワロフスキーのストーンや3Dパーツがつかわれた立体感のあるデザインのブライダルネイルやブルーのリボンや花が描かれたデザインのブライダルネイルといったように、シンプルで清楚な雰囲気のネイルや逆に思いっきり華やかなネイルなど、自分の結婚式にピッタリのイメージのネイルを選べるようになっています。
3Dネイルの場合は、スカルプチュアやジェルネイルという人工爪やチップが使われます。

ブライダルネイルのデザインは「自分の爪に施す」タイプと、「ネイルチップにデザインが施す」タイプがあり、結婚式が終わった後の生活を考えてぶと「自分の爪にするか」「チップにしてもらうか」を決めるとよいようです。
ブライダルネイルのデザイン


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウェルカムボードとは

2016-07-15 07:40:04 | 生活方法


ウェルカムボードとは、「二人の結婚式はこちらですよ」とお知らせする役割を持っていて、チャペルの入り口や披露宴会場の入口に置く案内板としての役割と、「これからどのような式や披露宴が始まるのか」というゲストの気分を盛り上げる演出のひとつとしての役割があるようです。
ウェルカムボードの大きさは「受付の台の上」か「式場の入り口」かを考えてサイズを決めるとよいですね。

ウェルカムボードといえば、「式当日限り」というイメージがあるのですが、ウェルカムベアーを作って旗や看板を持たせてみたり、手作りのクッションに刺繍をした結婚式後でも使えるモノ、トールペイントを施したデザインやカリグラフィーで書かれたデザインのウェルカムボードを玄関に飾っておくとか、ウェルカムボードをタイルでつくって、玄関の表札として使う、デジタルフォトフレームを使って作るといった「使い切りにならない」実用性のある方法があります。
ウェルカムボードとは


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォトウェディングの口コミはこう使う。

2016-07-08 07:30:06 | 生活方法


フォトウェディングの為の写真の撮影スタジオ選びを失敗しないためには、口コミのチェックは欠かせません。

フォトウェディングのホームページで「料金」や「キャンペーンの情報」や「プレゼント」という言葉や「衣装の事」や「写真撮影の方法」や「撮影までのスケジュールの立て方」などが詳しく載っていたとしても、自分が確かめた範囲では「気づけない見方」や「フォトウェディングスタジオ選びの外せないポイント」のような事は、自分以外の人の方が詳しかったりその人の「選び方の基準」などが口コミとして語られている事がよくあるからなのです。

自分だけでは「どうしても一人分のモノの見方」で見てしまうところが、「口コミを参考」にする事で、「自分の好み」や「気持ちに合った」選び方や考え方が可能になるのではないでしょうか。
フォトウェディングの口コミはこう使う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンゲージリングについて

2016-07-01 07:30:04 | 生活方法


エンゲージリングの由来は、古代ローマ時代に遡ります。
婚約したふたりの間で男性にはゴールドの指輪を女性にはカメオの指輪を贈る習慣が、現在のエンゲージリングとマリッジリングのルーツだと言われています。
どちらのリングも左手の薬指にはめますが、薬指の血管が心臓と直接つながっているので薬指にはめるようになったと言われています。

エンゲージリングは一生の記念になるので慎重に選びましょう。
予め予算を絞ってジュエリーショップへ行き、この予算によって選べるグレードが変わってくることを頭に入れておきましょう。
大きい石はグレードがよく見えるのである程度予算を上げて考えます。
また価格帯はエンゲージリングを取り扱うお店によっても変わってきます。
エンゲージリングについて


コメント
この記事をはてなブックマークに追加