幸せな結婚を考える

結婚相談、結納、式場選び、エンゲージリング
など

にきびとにきび痕について

2016-10-16 17:30:09 | 生活方法

どういう肌のトラブルをにきびと呼ぶのでしょうか。
医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)とにきびは呼ばれているようです。
尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから実は、20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもにきびは出来るのです。
大変にきびに悩む方は多く、それと同様ににきび痕を治したいと希望する人も大勢いるといえます。
にきび痕は大きく分けて2つに分けられます。
にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。
細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどであるにきび痕は、アクネスカーとも呼ばれています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にきびケアと化粧品  | トップ | にきびとにきび痕の原因と対策  »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。