幸せな結婚を考える

結婚相談、結納、式場選び、エンゲージリング
など

にきびの種類とにきびケアの基本

2016-10-16 14:10:02 | 生活方法

にきびケアの基本について。
にきびとは、医学的には尋常性挫創と言います。
にきびとは、毛穴が皮脂汚れなどで詰まりが生じ、そこから炎症を起こして肌荒れが起きてしまうという、厄介な皮膚症状であるといえます。
顔、胸、肩、背中など、皮脂を多く分泌する部分が、にきびが出来やすい部位になります。
ただし、にきびというと普通は顔にできた尋常性挫創のことを指します。
症状の進み方によってにきびの状態は変わり、外観によって黄色にきび、赤にきび、黒にきび、白にきびの4つのにきびがあります。
また白にきびのうちににひぎケアをすれば、後々までの痕跡が残るようなことはほとんどありません。
白にきびは毛穴に白い脂質が詰まった状態ですが、ケアを怠るとこの部分が酸化して黒く目立つようになり、白にきびより一段階進んだ黒にきびになってしまいます。
さらに黒にきびの状態で、にきびケアが上手くいかなかった場合、赤にきびへと進行します。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にきびの原因  | トップ | にきびの予防  »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。