セカンドライフを楽しむ

街の法律家を目指したいシニア世代が、週末にはJRAのG1レース予想に夢中。

優駿牝馬の勝馬予想

2017年05月19日 15時51分57秒 | JRA G1レース
年明け以降の重賞における実績が重要
過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“同年のJRA重賞”において連対経験がある馬だった。ちなみに、過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、“同年のJRA重賞”において単勝4番人気以内となった経験がある馬だった。該当馬は3着内率31.0%と好走率も優秀だ。
前走で先行していた馬は不振
過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の4コーナーの通過順が「4番手以下」だった。一方、「3番手以内」だった馬は3着内率が7.3%にとどまっている上、連対を果たしたのは2010年1着のサンテミリオンだけである。前走で先行していた馬は、たとえ上位人気でも過信禁物と見るべきだろう。
近年はキャリアの浅い馬が優勢
過去5年の3着以内馬15頭中12頭は、通算出走数が「5戦以下」だった。一方、「6戦以上」だった馬の3着内率は6.1%にとどまっている上、連対を果たしたのは、当時キャリア6戦だった2013年の優勝馬メイショウマンボだけだ。近年の傾向を重視するなら、キャリア豊富な馬よりも、キャリア5戦以下で出走してきた馬を重視すべきだろう
今年の登録馬に当てはめてみる。
1枠1番 モズカッチャン フローラS1着(12人気)通過順位 ⑦⑦⑧ キャリア 5戦
2枠2番 ソールスターリング チューリップ賞1着(1人気) ④④ キャリア5戦
2枠4番 ミスパンンテール  チューリップ賞2着(7人気) ④④ キャリア3戦
7枠13番 レーヌミノル Fレビュー2着(1人気)、桜花賞1着(8人気) キャリア④④ 7戦
7枠14番 リスグラシュー 桜花賞2着(3人気) ④④ キャリア6戦
7枠15番 ヤマカツグレース フローラS2着(10人気)⑦⑦⑧ キャリア6戦

8枠16番 アドマイヤミヤビ クイーンC 1番人気1着 ⑰⑯ キャリア5戦
 以上の傾向から、勝馬は2枠2番ソールスターリングと7枠15番 アドマイヤミヤビのいずれかとみた。
 先週のG1でもアドマイヤ軍団が勝っているので、連勝があるかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 優駿牝馬の過去10年の傾向と... | トップ | 優駿牝馬の投票 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。