Magnum Photos Photographer

Lieben 頭で理解できることに価値はない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピカソ 小テーブルの上の楽器

2009-07-07 | Weblog
残念?なことに流札となったサンローランのコレクションだったピカソの「小テーブルの上の楽器」(1914-15)です。

ピカソとブラックが生み出したキュビスムは、モチーフのほとんどが静物を用いています。

形態の探求の実験に、このピカソが描いた楽器のほかに、花瓶や果物、パイプやカップで、自由な組合せで構成される幾何学的な線と面。

ブラックの絵をみたマティスが「小さなキューブ」と表現したそうです。

ガロ、ジョージ・キート、ガガネンドラナート・タゴールもキュビスムの作品を描いています。

サンローランの邸宅のこのピカソが飾られている右側の壁にはフェルナン レジェ の「The Tea Cup」が飾られています。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポップスター、マイケルジャ... | トップ | グスタフ・クリムト 踊り子 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
サン・ローランとベルジュの宝物 (La fleur eternelle)
PHOTO Jean-Marie Perier(ジャン=マリー・ペリエ)イヴ・サン・ローラン(Yves Saint Laurent) が亡くなってからどのくらいたったでしょう。オークションは2月に行われていますが、彼のコレクションを知るたびに、もっと知りたいと欲張りになります。1点が何億、何十...
ピエール・ベルジェ&サンローラン邸は美術館 ? (ComicStrip Jr)
2009年2月にクリスティーズにて故サンローランのオークションは大盛況で幕を閉じました。 トピックは!  アンソールの作品「ピエロの失望」は、予定価格を大幅に上回り約500万ユーロで落札。中国流出文化財 鼠首、兎首1体1400万ユーロ、計2800万ユーロ(約3...