野元の詩

電車のなかで。トイレのなかで。ラーメン屋のなかで。一人の部屋のなかで。夜のなかで。あなたに、読んでほしい。

#415 帰りの電車

2016-10-13 21:26:00 | 
『帰りの電車』

会社帰りの電車のなかで
恋い焦がれた人を見かけました

パリッとしたスーツを着て
電車の椅子に座り
ケイタイをいじっていました

僕は満員の乗客を押しのけて
彼女に話しかけようとしました

声を出そうとした瞬間
彼女は良く似た別人だと気づきました

よく考えれば
彼女は一昨年の暮れに死んでいました
自宅で首を吊ったのです

僕は周りの舌打ちとともに
ただ電車に揺られていました

自分の馬鹿げた行為に苦笑しましたが
それでも、
彼女に一瞬会えたことが嬉しかったのです

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/13 日記 | トップ | #416 あなた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL