野元の詩

電車のなかで。トイレのなかで。ラーメン屋のなかで。一人の部屋のなかで。夜のなかで。あなたに、読んでほしい。

#413 朝の街

2016-10-12 05:52:42 | 
『朝の街』

朝の街が好きだ

澄んだ空気が身体を透る感覚
足下に沈んだ夜の闇
空を射す赤い閃光
影が光に救われる瞬間
太古から続く神聖な儀式

朝の街が好きだ

環状線を流れていく車たち
部活動に急ぐ高校生たち
缶コーヒーで目を覚ます大人たち
輝き始める建物たち
不純な物は一つもない

朝の街が好きだ
今日が良い日だと気づかせてくれるから

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #412 ひび割れしていく毎日 | トップ | #414 ナミアゲハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL