野元の詩

電車のなかで。トイレのなかで。ラーメン屋のなかで。一人の部屋のなかで。夜のなかで。あなたに、読んでほしい。

10/29 日記

2016-10-29 21:02:10 | なんでもない日記

明日は神保町の古本市に行きます
二年ぶりに行けるのでとてもわくわくしています

そういえば
京都の下鴨神社でも秋に古本市をやってますね
森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」にも
出てくるのでいつかは行きたいのですが...

森見さんといえば
新刊と対談集が書店に並んでいました
対談集は漫画家の羽海野チカさんとも対談しているらしいのですごく読みたいです

いいですよね、 森見さんと羽海野さんの作品
大好きです


そういえば、前回古本市に行った際に
知人に自作の詩を読んでもらったら
「野元さんのは詩じゃない」
と笑われたのを思い出しました

その時は深く意味を聞けなかったのですが
あれはどういう意味だったのでしょうか
今になって気になります
単に下手だったのでしょうか

あれから二年が経ち
学生から大人になり
周りの人も変わり
少しでも詩が上手くなっているといいのですが
どうでしょう


あ、いま電車が最寄りの駅に着きました
これで終わりにします

以上、とりとめのない日記でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #430 無口のおしゃべり | トップ | #431 ないで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なんでもない日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL