野元の詩

電車のなかで。トイレのなかで。ラーメン屋のなかで。一人の部屋のなかで。夜のなかで。あなたに、読んでほしい。

#466 無題

2016-12-10 05:49:50 | 
『無題』

もうずっと浅い息
街灯に照らされて延々と伸びていく影
鉋で削られていく精神
終わらない夢遊病
神経質な上司のボールペンのノック音
カノジョの理解できない寝言
誰かが玄関のチャイムを押した
もちろん誰もいない
発狂したい欲望と狂うことの恐怖
女を抱いたことへの罪悪感
キスをしたときの煙草の匂い
virginia6
今夜も首を絞められる
これは誰の手
カノジョの手、両親の手、世間様の手
いいや、みな手を差し伸べているだけ
じゃあ誰の手
もちろんこれは、僕の手
神様、どうかお願いします
今夜だけは泣かせてはくれませんか
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #464 愛代替品 | トップ | #467 ほら、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL