野元の詩

電車のなかで。トイレのなかで。ラーメン屋のなかで。一人の部屋のなかで。夜のなかで。あなたに、読んでほしい。

#437 愛なんていらないわ

2016-11-05 20:59:00 | 
『愛なんていらないわ』

愛なんていらないわ
そんなものが世界で一番大切なものなんて
ありえないもの

わたしにとって
世界で一番大切なものは
あなたが生きていること

それ以外なにも望まない
たとえわたしのこの気持ちが朽ちて
世界がいかに恐怖に変貌しようとも

今日もあなたが生きているだけで
わたしの魂は満ち足りているの

愛なんていらないわ
わたしの気持ちに名前なんてないから


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #436 あ、 | トップ | #438 黄昏時 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想 (あやか)
2016-11-06 10:59:34
うーん。。。
とても含蓄のある詩ですね。
たとえば、たいせつな人が病気になったら、こういう気持ちになるかもしれませんね。
美辞麗句なんていらない、、、、、とにかく生きていてほしい。。。。。。
たぶん、そう思うでしょうね。

☆でも、私はやっぱり、「愛」という言葉は好きです。
愛のあるかぎり、愛の日を信じて生きて行きたい。。。とー思います。
Re:感想 (library_4floor)
2016-11-06 14:59:53
コメントありがとうございます。
僕も「愛」って言葉好きですよ。
愛を体現するのは難しくても、いつかはって思います。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL