本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

ポップオペラ

2012-04-03 | 音楽
先日、藤澤ノリマサさんのライブに行って来ました。

「藤澤ノリマサ プレミアシンフォニックコンサート 〜春の響き〜」

息子から「大学でチケットが手に入りそうなのでこういうの行ってみる?」とメールが来たので、
迷わず「うん!!行く行く♪」ということに。

結局息子は行けずに、仕事帰りの娘といざ渋谷へ!
場所はBunkamuraのオーチャートホール、半年にわたる改修工事も終わり久しぶりです。
大友直人さんの指揮、ということはクラシックの演奏会だと思っていたのですが、
実は歌手藤澤マサノリさんのライブコンサートで、オケは伴奏だという!!
マエストロ大友直人さん、
オケは読響のコンマスを務めるバイオリニスト小森谷巧氏率いる東京ビルボード・シンフォニー、
なんと豪華な伴奏でしょう♪

演奏曲目
 W.A.モーツァルト 歌劇『フィガロの結婚』序曲
 G.ビゼー/あおい吉勇(なかむらたかし編曲) 君に逢いたい
 G.プッチーニ/F.ケンプ 太陽の女神
 J.S.バッハ/藤澤ノリマサ Prayer
 G.D.ワイス/H.ペレッティ/L.クレイトアー Can't Help Falling In Love
 E.d.クルティス 帰れ、ソレントへ
 
 L.デンツァ フニクリ・フニクラ
 F.サルトーリ Time to say good bye 〜Con te partiro
 L.v.ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調より、第4楽章
 J.ホーナー My Heart Will Go On
 藤澤ノリマサ 愛の奇跡
 藤澤ノリマサ(なかむらたかし編曲) 夢の途中
 P.タイコフスキー/中野雄太 桜の歌

アンコール
 あおい吉勇(なかむらたかし編曲) 未来の僕らへ
 L.v.ベートーヴェン/藤澤ノリマサ 希望の歌

このプログラムを見る限りでは、クラシックの演奏会と思いますよね。
1曲目はオケの演奏のみ、さすがに音が素晴らしく綺麗〜♪
そして藤澤さんの登場です、と同時にあがる女性たちの歓声と拍手(とペンライト?)!
ファンクラブの方々がきっとたくさんいらしていたのでしょうね。

演奏が始まって歌い始めた時、マイクを持ったので違和感が・・・
クラシックの演奏会では、オーケストラの楽器もオペラの歌もマイクを使いませんから。
でも、その歌声はオペラの歌い方、のびやかな歌声でマイクを通してしまうのがもったいない!
オーケストラの伴奏で、生の声で聞きたいくらいでした。

希望の歌〜交響曲第九番〜


後ほど調べてみたら藤澤さんは「ポップオペラの貴公子」だそうです。
この「ポップオペラ」というジャンルは、サビの部分で歌唱法をポップスからオペラに切り替えて唄い分けます。
そして、クラシック曲をモチーフにした楽曲がメインだそうです。
藤澤さんは音大声楽科を出ていて、ま両親ともに音楽家だと話していました。
「ジュピター」で一躍人気の出た平原綾香さんも同じような感じがしますね。

クラシック音楽というと堅苦しくて敬遠されがちですが、
こういう部分から音楽が広く知られ、クラシックへの入り口となったらいいとも思いました。
編曲する方は大変でしょうねー!
クラシック音楽に歌詞をつける、ポップミュージックをオーケストラ用にアレンジする。
アンコールで歌った「未来の僕らへ」という歌は、
人気TVアニメ「新テニスの王子さま」の主題歌だそうです。

演奏会後のCD販売&握手会に、ものすごい数の女性(マダム)たちが行列していました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六本木 | トップ | 入学式 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私の歌い方も (学さん)
2012-04-04 08:17:19
holyさんのジャンルは幅広いですね。なるほど、「ポップオペラ」ですか。
私も飲み会のカラオケで歌うと「クラシック演歌」と言われます。
学さま (holy)
2012-04-04 10:34:46
今まで知らない方でしたが、楽しい演奏会でした。
学さんは合唱をやってらしたのですよね。
声楽の歌い方で演歌…ちょっと聞いてみたいですね♪
春の楽しみ (桜子)
2012-04-05 11:40:57
音楽も堅苦しくなく、楽しまなくっちゃ!
素敵なひと時を、目で耳で堪能されたマダム達。
きっと、素敵なお料理を作ろう、なんて思ったのではないでしょうか?

holyさんも、頑張ってお仕事に励めますね。
桜子さま (holy)
2012-04-06 22:13:01
歌声が素敵で、ちょっとイケメンの「貴公子」にうっとりするマダムたちでした。
音楽や美術など、芸術は心を豊かにしてくれますよね。
春休みに楽しいこといっぱいあったので、1年で1番忙しいこの時期も乗りきれそうです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL