本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

たかさき絵本フェスティバル

2017-01-30 | 本の紹介
群馬県高崎市で開催中の「たかさき絵本フェスティバル」へ行ってきました。
北へ行く時には愛車を運転して行きます。
総理大臣をたくさん輩出している隣の県は、道路がとても良く走りやすいです。

ずっと絵本が好きで、最近は孫たちとまた絵本を楽しむ時間を持てて嬉しい私には、楽しみなイベント♪
NPO法人「時をつむぐ会」という団体が主催なのですが、内容が素晴らしかったです。
一番の目的は、絵本『わたしのワンピース』の作者にしまきかやこさんのギャラリートーク&サイン会。
娘が小さいころとても好きだった絵本で今でも書店に並んでいますが、初版はなんと1969年!
長く読み継がれてきた名作絵本は、ストーリーも絵も古びることがないと改めて実感しました。
 
西巻さんの最新刊は、こぐま社50周年記念出版の『ぞうさん』、まどみちおさんの詩が絵本になっています。
この2冊の創作についてのお話を中心に、1時間近くもごくお近くでお話を伺え、感激しました。
その後、一人一人の顔を見ながら絵も付けてサインしてくださり、この絵本は私の宝物になりました。

また、翻訳者 石井登志子さんと長野県松本市の子どもの本専門店「ちいさいおうち」の越高綾乃さんとで、
『長くつしたのピッピ』の作者リンドグレーン氏についてのギャラリートークも行われました。
スウェーデンでリンドグレーン氏に直接お会いした時のお写真など、その魅力を熱く語られました。

もう一つの楽しみは、絵本の原画がたくさん展示されていたこと!
あの『いない いない ばあ』『しろくまちゃんのほっとけーき』『おさじさん』
『11ぴきのねことあほうどり』『だるまちゃんとかみなりちゃん』など、全ページが展示されています!
(『いない いない ばあ』だけは猫のページだけでした)
1枚ずつの原画の上にはそのページの文章も貼り付けてありましたので、
お子さんたちはパパやママに読んでもらいながら絵を見ていて、原画で作品を読めるって贅沢ですよね。
小さいお子さん連れの若い家族がたくさん来ていて、その姿に嬉しくなりホッとしました。
このイベントは2月7日まで開催していますので、興味がある方は是非♪

こぐまちゃんも来てくれて、子どもたちが一緒に写真を撮っていました。(ホントは私も撮りたかった…)
 
隣接する庁舎21階からの素晴らしい眺望、土日もレストランが開いていて景色を眺めながら食事できます♪

今年は、
・こぐま社 50周年
・童心社 60周年
・瀬田貞二 生誕100年
・福音館書店『だるまちゃんとてんぐちゃん』刊行から50周年
と、絵本の世界では記念の年。
1960年代(私が生まれた頃)に、素晴らしい絵本やそれを作る出版社ができたとのお話でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年会 | トップ | 図書館だより「Library News... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の紹介」カテゴリの最新記事