本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

柚木麻子 著 『BUTTER』

2017-06-30 | 本の紹介
今日で今年も半分終わり、「夏越の祓(なごしのはらえ)」で半年分のケガレを落とし、
残りの半年の健康と厄除けを祈願するため、神社にお参りしてきました。

今月の読書は以下の9冊、これでこの半年で52冊読了となり目標の年間100冊へ向かっています♪
holyの本棚 - 2017年06月 (9作品)
出会いなおし
出会いなおし
森絵都

読了日:06月02日

リバース
リバース
湊かなえ

読了日:06月06日

錆びた太陽
錆びた太陽
恩田陸

読了日:06月08日

BUTTER
BUTTER
柚木麻子

読了日:06月25日

月の満ち欠け
月の満ち欠け
佐藤正午

読了日:06月29日

powered by Booklog

いずれも話題の作品ですが、私が取り込まれたのは柚木麻子さんの『BUTTER』直木賞候補作です。
今までに柚木さんの作品は『ナイルパーチの女子会』『本屋さんのダイアナ』『ランチのアッコちゃん』
『伊藤くんA to E』などを読んだことがあり、女性同志の葛藤を上手く描く作家さんだと思っていました。
この『BUTTER』は8年前に起こった「首都圏連続不審死事件」
いわゆる婚活殺人事件の木嶋佳苗を題材にしています。
なぜ、それほど美しくも若くもない女性の結婚詐欺に男性が引っかかり、その命を絶たれたのか?
その理由がたくさんの食べ物と絡めて描かれ、
登場するお菓子や料理、バター、レストランにも興味がそそられました。
現代の女性の生き方は選択肢が多い分、却って難しくなっているとも思います。
結婚するかしないか、子どもを持つか持たないのか、仕事を続けるか専業主婦になるか、
どれにも正解はなく、何が幸せなのかは人によって様々なので一概には決められません。
ただ、男性にとってはこの作品に描かれる女性たちの感情がこってりし過ぎて、
読み進めるのが面倒くさく嫌になってしまうかも。

恩田陸さんの『錆びた太陽』は、21世紀の半ばを迎えるころに起きた「最後の事故」(原発爆発)、
そしてその汚染区域である北関東エリアの除染作業に関する未来を描いた作品です。
ちょうどこれを読んでいるときに、茨城・大洗町の原子力施設での被曝事故が起こり、
「絵空事ではないかもしれない」「事実は小説より奇なり!」と怖くなりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前人未到! | トップ | 映画 『しゃぼん玉』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL