本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

合唱団演奏会

2017-06-17 | 音楽
アマチュア合唱団演奏会のお誘いを受け、さいたま市へ。
県庁のある浦和駅で降り、何十年か振りに埼玉会館へ行きました!
私の大学の入学式・卒業式、学生時代のサークルの定期演奏会、各種演奏会や舞台、
かつてはかなり頻繁に行っていたホールですが、本当に久し振りでした。

今日のステージで歌うのは高校時代の音楽部の友人&後輩たちが所属するMJ混声合唱団、
この合唱団の母体は我が母校の大学合唱団OBたちが立ち上げたものなのだそうで、
別の友人は関係者席に座っていました!

≪プログラム≫
・第1ステージ・・・動物たちのコラール 作曲:萩原英彦 詩:C.B.デ・ガストルド
・第2ステージ・・・シューマン歌曲集 作曲:R.A.Schumann 訳詞:しの・かおる
・第3ステージ・・・思い出の青春を謳う レターメン、サイモンとガーファンクル
・第4ステージ・・・シュトラウスを歌う ワルツとポルカ 作曲:シュトラウス

指揮及び編曲はすべて常任指揮者の増田順平先生です。
会場の座席はかなり埋まっており、アマチュアの演奏会ならではの友人・知人が多いようでした。
シューマンとシュトラウスを聴きに、と思っていたのですが、他のステージも素晴らしく、
特に第3ステージの男声のみでのポピュラー曲集は、
中高年の男性たちが笑顔で実に楽しそうに歌っておられ、思わずこちらも笑顔に。
人生の「幸せ」ってこういうことなのかも、とさえ思ってしまいました。

「木のホール」とも呼ばれている大ホールは「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれていて、
2年近くかかった耐震改修工事がこの春に終わったばかりで更に綺麗になっていました♪
(下の2枚の画像は公式HPより)
 

その後はうらわ美術館「第8回世界盆栽大会inさいたま記念 植物とうつわコレクション交流展」
で、富本憲吉の焼き物を見ました。
先日読んだ『リーチ先生』にも登場した陶芸家で、その作品が見たかったのです。
学生時代を過ごした街で旧友に会い、書店やカフェや街並みをぶらぶらして懐かしい思いに浸りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湊かなえ 著 『リバース』 | トップ | 父の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL