本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

アンサンブル演奏会

2016-12-18 | 音楽
昨日は、アンサンブル演奏会を聴きに、東京都大田区民ホール「アプリコ」へ。
娘が久しぶりに演奏ステージに立つというので、楽しみにしていました。
私が聴くのは3年ぶりです♪

乳幼児2人を育児中のママが演奏会へ出るというのは、何より家族の協力あってのことです。
昨日、午前リハーサル中には、近くの児童館を使わせていただき私が0歳チビ姫をみていました。
私は児童館というところへ行ったのが初めてでしたが、スタッフの方も子ども達も優しくて、
大泣きしてしまった姫を代わる代わるあやしてくれたり心配してくれたりしました。
2歳のおチビはパパと音楽教室へ行って、その後2人でランチしてから電車で午後に到着、
仕事はもちろんしっかりし、その上家事も育児もバッチリのカジメン&イクメンパパに、
私はいつも驚きと感動を覚えます。
(仕事を持つお母さんは皆それが当たり前なのですが、まあ、それは置いておいて…。)
演奏会前には練習の日もあったのでしょうから。

今回のメンバーは、以前活動していたアマチュアオーケストラ「オーケストラ ヴィンデ
の仲間たちです。
0回から第3回まで計4回の演奏会を持ちましたが、その後、活動休止中なのだそうです。
各地に住み、様々な仕事に就いている多忙な社会人が、
オーケストラで演奏会を開くのは本当に大変なのでしょう。
でも、大好きな音楽を続けたい、と有志が集まってアンサンブル演奏会となったそうです。

<プログラム>
・金管5重奏 「戦いの組曲」S.シャイト 
・フルート3重奏 「月明かりを照らす3つの風景」高橋宏樹 「愛を感じて」E.ジョン
・木管3重奏 「5つの小品」J.イベール
・弦楽四重奏 「弦楽四重奏曲第一番第一楽章」J.スーク
・弦楽四重奏 「弦楽四重奏曲ハ長調」E.フンパーディンク
・オーケストラ 「ジークフリート牧歌」R.ワーグナー

 

チビがママを良く見えるように、と小ホールとはいえ一番前に座った私たち、
2歳児がクラシック音楽を聴いていられるのか心配でしたが、静かに座って前を見て聴き、
特に、フルート3重奏で娘が登場した時には、身を乗り出すようにして…可愛い♪
心配だったチビ姫もパパに抱っこで、泣かずに聴いていられてホッ。。。
娘には、ステージに立って楽器を演奏する姿を、我が子に見せたい気持ちもあるのでしょう。
聴衆も、演奏者の家族や友人などの知り合いが多かったようで、アットホームな演奏会でした。
久しぶりにステージでの演奏を聴けたのはとても嬉しかったですが、
頑張るママを家族みんなで応援する姿に、私は胸が熱くなり幸せな気持ちになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アントワーヌ・レリス 著 『... | トップ | 石田衣良氏講演会&ビブリオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL