リリーの散歩道

クロスワード大好き、歴史ドラマ大好きな主婦です。


津軽家は何故、石田三成の子等を擁護したのか

2016-10-19 18:46:27 | 日記
このことはずっと気になっていたが、

  「 隔月刊あおもり草子 」津軽関ヶ原 石田三成の縁 という本でその謎が解けた。

慶長5年{ 1600年 }9月15日、関ヶ原における西軍の敗戦は、その日のうちに大阪城へもたらされたらしい。

17日夜、石田三成の次男「 重成 」は、混乱する城内から脱出し大阪から密かに奥州に逃げ延びたと伝えられているという。
脱出の際には、津軽家当主・為信の嫡男・信建が家臣を警護につけて、若狭小浜から日本海を船で津軽へと落ち延びたという。

これは、三成が信建の元服時の烏帽子親を務めたことが大いに関係していると考えられるそうです。

重成は姓名を「 杉山源吾 」と改め北津軽郡板柳町深味に隠棲し、寛永18年{ 1641年 }4月8日に享年53歳で亡くなったそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ開設6周年 | トップ | 津軽での石田三成の子孫 追記1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなのね (わんこ)
2016-10-21 12:50:00
三成と言う武将も色々諸説ある人ですよね。

でも津軽とそういう縁があったのね。

ちなみに若狭小浜は福井県ですよー
これも何かの縁ですね^

興味深いお話ありがとう。
わんこさん、今晩は。 (リリー)
2016-10-22 17:54:40
昨日の地震、怖かったでしょう。
大丈夫でしたか。

そうなんだあ。
さすが歴女のわんこさん、博識だわ。

石田三成の次女は津軽家の正室になり、後に徳川家康の養女が正室になったので側室になったという、ことです。
徳川家には逆らえない時代ですものね。

う~ん、福井と青森、またまたご縁ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。