日日是球日

1年365日を球戯とともに。

尾木ママ「推薦入学者がいちばん伸びる」

2017-06-13 14:18:32 | Weblog
文化放送の午前中のワイド番組「くにまるジャパン極」に、教育評論家で前法政大学教授の尾木直樹氏が出演していた。
というわけで、番組リスナーから子どもの教育に関する質問、相談が多数よせられていたのだが、その中で尾木氏は「入学経路ごとにしらべたら、法政は推薦入学者がいちばん伸びる」と語っていた。
合格通知を送るときに、入学までに読む教員らがチョイスした参考図書を紹介すると推薦入学者はみんな読んでくるそうだ。

たんじゅんに高校時代の学力で比較すると、推薦での入学者より一般入試をへて入学した者の方が高かったはずだが「ざんねんながら早稲田落ち、明治落ちで入ってきた学生は入学時点でやる気を失っていることも多い」という。
入学した経歴はともかく、実力以上の大学に入れた者の方が向学心に燃えて4年間をすごすということなんだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯田市ラグビーフェスティバル | TOP | 明治神宮野球場 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-14 22:42:36
尾木さん、ずいぶん見下したコメントですね。
早稲田落ちだの明治落ちだの、公共の電波に乗せる言葉ですか?法政の教授だった方の発言としてはあまりにも寂しいですね。タレント教授で話題作りをする大学にも責任はありますけど。
コメントありがとうございます (日日是球日)
2017-06-15 11:29:37
はじめまして・・・で、よろしいんでしょうか。今後ともよろしくお願いします。

「早稲田落ち明治落ち」ということばですが、なにぶん移動中にきいたラジオ番組ですから、尾木氏が正確になんと表現したかは記憶してません。
もしかすると「早稲田(あるいは明治)に落ちて法政に入学してきた学生」といった表現だったかも知れません。もちろん「見下す」というような意図はなかっただろうし、その点に関しては尾木氏ではなく正確な引用のできなかった私の責任かと思います。

尾木氏の意図は「法政(にかぎらず)に入ったことを誇りに思える者は成長する」ということだと思います。
枝葉末節ではなく発言のニュアンスをご理解いただけるよう願います。


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL