僕は名もない凡人でいたい

バイオリン 本 漫画 アニメ 旅行 映画 オペラ 文芸 絵……そして、日常。白血病闘病記も

ピアノリサイタル

2017年02月22日 | 観劇・コンサート
「浜野与志男ピアノリサイタルコンサート」(東京オペラシティリサイタルホール)を聴きました。
1989年生まれの若手であり、モスクワ在住の異国的雰囲気を持つピアニストです。

彼がまだ学生だった頃、私たちのアンサンブルにソリストとして現れ、素晴らしいバッハを演奏してくれました。
ロシア人のお母様とアシュケナージ先生(世界的ピアニスト・ウラディーミル・アシュケナージの妹君)に付き添われ、物々しい雰囲気が漂っていたのを思い出します。

今回のプログラムは現代音楽がメインで、とくにソヴィエト時代の存命の作曲家の音楽に意欲的でした。
温もりのある音色に始まり、地響きのような力強さ、溶けない氷の永久性を表すような神秘の音色--。
ピアノという楽器が持つ力をどこまで引き出そうとするのか。
混沌とした音楽は拒絶したくなるけれど、音色の多彩さに圧倒されてどうしても入り込んでくるのでした。
バッハが秩序に満たされた自然調和の音楽だとしたら、現代音楽は人間を表しているのだと感じました。

終演後、ロビーに現れた浜野さん。
親しい人たちから「ヨシオくん」と呼ばれて顔を赤くし、はにかんで答えていました(*^^*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎座の歌舞伎 | トップ | オケと卒研のこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観劇・コンサート」カテゴリの最新記事