僕は名もない凡人でいたい

バイオリン 本 漫画 アニメ 旅行 映画 オペラ 文芸 絵……そして、日常。白血病闘病記も

星野道夫『ノーザンライツ』

2017年05月17日 | 本と雑誌
学生時代、大好きだった星野道夫さんの写真とエッセイ。
逗子の古本屋でまた再会できました。
厳冬の地で出会った人々への、著者のまなざしが温かいです。

  9月も半ばを過ぎると、フェアバンクスには晩秋の気配が漂ってくる。太陽の沈まぬ光に満ちた夏は遠く去り、美しい秋色も色褪せた。が、それを悲しむにはまだ早い。来るべき冬を待ちながら、風に舞う落葉を眺め、カサカサと枯れ葉を踏みしめる、不思議に穏やかな日々がまだそこにある。満ち潮が押し寄せ、再び引いてゆく前の、つかのまの海の静けさのようなとき。人の一生にも、そんな季節があるだろうか。
  (星野道夫「ノーザンライツ」新潮社 平成12年)


虐待に苦しみ、自分を消してしまいたかった当時の私。
死ねないのなら、せめて世界のどこか遠くへ行きたかった。

そんな時、星野道夫さんの写真とエッセイは、私の心を遠くへ遠くへと飛ばしてくれました。
今読んでも、言葉の一つ一つ、写真の一枚一枚が変わらぬ輝きを放っています。

番組の企画でクマに襲われ、亡くなられたとの事。テレビを見なかったので知りませんでした。
現在、没後20年特別展「星野道夫の旅」が全国展開されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐山【稲】のパフェ | トップ | 上野動物園劇場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。